NEW

トヨタ新型ノア/ヴォクシー、拡大路線は吉か凶か?使い勝手も開放感も想像以上

文=木下隆之/レーシングドライバー
トヨタ新型ノア/ヴォクシー、拡大路線は吉か凶か?
新型トヨタ「ノア/ヴォクシー」

 トヨタ自動車の4代目「ノア/ヴォクシー」が、新型になって登場した。基本コンセプトは“箱の追求”。ミドルサイズミニバンの王道を突き進むノア/ヴォクシーは、さらにスペース効率の理想を追い求めたのである。

 ボディサイズは拡大、特に全幅が35mm拡大され1730mm。全高も70mmも高くなった。それによって居住空間は広くなったものの、5ナンバーから3ナンバーに移行。その数字に相応しい堂々としたボディを持つに至ったのである。

 箱の追求は、細部にまで行き届いている。室内空間の拡大は乗員の圧迫感を和らげることに成功。Aピラーは細く、3角窓はワイドになり、乗員間に感覚的な余裕が生まれた。これまでミドルサイズのミニバンで少なからず感じた窮屈な印象が減ったのだ。

 商用車でもあるまいし、これまでまで天井を高くしなくても人を運ぶには困らないはずなのだが、いざドライブしてみると想像以上の開放感に驚く。

トヨタ新型ノア/ヴォクシー、拡大路線は吉か凶か?使い勝手も開放感も想像以上の画像2

 それによって、税制上は3ナンバー扱いとなる。幅が広くなり天地にも伸びたことが、あるいは既存のユーザーから見放される可能性がある。駐車場や経済性など、日本ファミリーには課題があるからだ。

 だが、それを承知でノア/ヴォクシーは拡大路線に駒を進めた。これが凶と出るか吉と出るかは時間が証明してくれるだろうが、最大のライバルであり手強いホンダ「ステップワゴン」が、時を同じくして新型にスイッチする。その商品性戦略の成否に興味が注がれる。

 それはトヨタも承知のうえで、3ナンバー化に伴って車格感を増す道を選んだようだ。7人乗りの2列目には、クラス初のオットマン付きキャプテンシートを組み込んだ。シート間にはテーブルがある。シートにはUSBポートも準備されている。ビジネスエリートには都合が良い。リクライニング角度は深くなり、長距離移動も楽だろう。

ノア/ヴォクがアル/ヴェル化、吉と出るか凶と出るか

 これまでノアヴォクシーは、主に家族の足として重宝されてきた節がある。親子二代、あるいは三代の家庭に、ちょうど頃合の良いサイズ感だった。それが格上げされたことを機に、より高級な路線にシフト。たとえば、「アルファード/ヴェルファイア」に迫るモデルとしたのである。

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合