NEW
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

容姿の美醜で収入にも格差?男性の間で美容ブーム、「仕事が円滑に進む」との声も

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】,
容姿の美醜で収入にも格差?
見た目が仕事にも影響を及ぼす?(「Getty Images」より)

 長引くコロナ禍で、我々の生活習慣は大きく変わった。リモートワークが一般化するなか、ビジネスパーソンたちにある変化が起きている。それは、男性の美容への意識の変化である。

 リモート会議に映し出される自分の顔を見て、『自分が考える以上に髭の剃り跡が肌荒れしていて清潔感に欠ける気がした』『目元のシミが老けた印象になっている』など、これまで気にしていなかった肌トラブルや老化に気づくきっかけになったという男性も多い。

 そういった背景から、男性の間で「美容ブーム」が起きている。今後、男性美容に取り組み、身嗜みを整えることが新たなビジネスマナーとなっていくと予想される。

 その一方で、男性美容は気後れするという男性もいることは否めない。そんな方々に参考になるよう、男性が行うべき美容医療について大阪府豊中市の千里中央花ふさ皮ふ科院長・花房崇明医師に話を聞いた。

美貌格差は存在する

 日本でも2015年に翻訳・出版された米労働経済学者ダニエル・S・ハマーメッシュの著書『美貌格差』が話題となった。そこには「容姿の美しさに伴う生涯収入の格差は最大2700万円になる」とある。日本でも美貌格差を意識し、美容に時間とお金をかけるビジネスパーソンが増えているのだ。

「私個人の見解としては、仕事においては、スキルが高いことが大前提だと思いますが、アメリカでは喫煙や過度の肥満は自己管理ができていないとの印象を与えるとして、ビジネスマンの健康意識は高い傾向にあります。日本でも、就職活動の際には男性も身嗜みに気を配りますし、誰もが仕事において外見が与える影響は大きいということを意識しているのだと思います」(花房医師)

 実際に、美容に取り組むビジネスパーソンにも変化が起きているという。

「当院でも患者さんからの要望が多く、男性の美容医療を行っており、10~20代の男性は、ニキビ治療などをきっかけに美容医療を始める方が多い傾向にありました。最近では30~50代の男性からも問い合わせが多くあり、髭脱毛やピーリング、シミ・イボ治療などを行う方が増えています」

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合