NEW

楽天、創業記念式典に岸田首相ら出席…プラチナバンド獲得狙い政権へ怒涛のロビイング

文=竹谷栄哉/フリージャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
楽天、創業記念式典に岸田首相ら出席…プラチナバンド獲得狙い政権へ怒涛のロビイングの画像1
楽天の三木谷浩史社長のTwitterアカウントより

楽天の三木谷浩史会長兼社長は菅義偉前首相だけでなく、岸田文雄首相にまで食い込んでいたのか」

 楽天が先月に開いた創業25周年記念式典に、岸田首相、林芳正外相など現政権の閣僚が出席したことについて、携帯業界関係者の間ではこうした驚きの声が漏れたという。三木谷氏は菅前首相と蜜月関係にあることはよく知られているが、これまで岸田政権の「新しい資本主義」やコロナ対応を公然と批判してきただけに、衝撃はいっそう大きかった。

岸田首相「三木谷社長は情熱にあふれた人だ」と絶賛、林外相、後藤厚労相も祝辞

「三木谷社長は情熱にあふれた人だ」。政財界の要人など式典出席者約1000人の前で岸田首相はこう三木谷氏を持ち上げ、その挑戦心を褒め称えた。著名企業の祝典に政治家が祝辞を述べること自体は珍しいことではない。ただ、三木谷氏は岸田政権が掲げる「新しい資本主義」を「新しい社会主義」と批判し、新型コロナ対応の水際対策については「統計学的なメリットはかなり少ない」上、「ウィズコロナという風に向かっていかないと日本が忘れ去られていく。本来的にもう辞めてしまうほうがいい」と厳しい評価を下していた。岸田首相の祝典出席の背景について、総務省幹部がこう解説する。

「三木谷氏の政界での後ろ盾が菅氏ということは関係者なら誰でも知っている事実で、菅氏が三木谷氏にNTTドコモなど大手キャリア3社の寡占状態を打ち破るべく、携帯電話事業の進出を促しました。楽天は菅政権のときに携帯事業を拡大したかったのですが、菅氏が支持率向上のため大手キャリアに対する官製値下げを断行した結果、低料金という楽天本来の強みが薄れてしまった。期待した成果を上げられないうちに菅氏が退陣してしまい、三木谷氏はより幅広くロビイングする必要が出てきた。

 携帯電話業界は規制産業で政界とのつながりが大きくモノをいうため、批判の対象だった岸田首相にもアプローチを強化したというわけです。今回の式典では岸田氏が派閥領袖を務める宏池会の重鎮である林外相なども呼べたわけですから、三木谷氏のロビイングは相当の成果を上げていると見られます。

 岸田首相にしても看板政策の『デジタル田園都市構想』の実現や、ベンチャー育成強化を進めるために、IT業界の雄である楽天を取り込んでおきたい思惑があり、今回の祝典出席に至ったのでしょう」

楽天、今秋国会で可決見通しの電波法改正法案でプラチナバンド再配分目指す

 楽天が現政権へのロビイングを強化した最大の理由は、今秋の国会で可決される見通しの電波法改正法案だ。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社が独占する、もっとも投資効果が高い周波数帯の「プラチナバンド」を自社に再配分させる狙いがある。

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合