NEW
「偉人たちの診察室」第19回・源頼家

精神科医が語る北条政子“子殺し”の裏にある怒りと、源頼家「毒殺説」の真相

文=岩波 明/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
【確認中】精神科医が語る北条政子“子殺し”への怒りと源頼家「毒殺説」の画像1
鎌倉幕府2代将軍・源頼家。頼朝が急死したことで家督を継承することになったが、在位期間はわずか4年ほど。偉大な父を超えようともがき苦しんだに違いない。(画像は京都・建仁寺所蔵の源頼家像【Wikipediaに掲載】より)

 源頼家は、鎌倉幕府の創始者であった源頼朝の長男であり、第二代征夷大将軍である。10代からの長い雌伏の時期があった頼朝とは異なり、頼家は生まれながらの「将軍家」で、10代の若さで源氏の棟梁となった。ところがその後に待っていたのは、悲劇的な結末である。母の実家である北条氏の陰謀により鎌倉を追われ、亡き者とされたのである。

 頼家の後を継いだのは、弟である源実朝だった。実朝は頼朝の次男として生まれ、12歳で鎌倉幕府の第三代征夷大将軍に任じられた。長じて武士としては初めて右大臣の職についたが、鶴岡八幡宮においてその翌年、兄・頼家の子である公暁に暗殺された。実朝は歌人としても知られており、『金槐和歌集』の著者である。

 実朝の死によって源氏の本流は断絶し、以後、鎌倉幕府の将軍は京都から公家や皇族を迎えることとなった(実はこの時点で頼家の四男は生存していたが、1220年に殺害された)。第四代征夷大将軍の九条頼経は関白である九条道家の三男で、頼朝の妹のひ孫にあたる。頼経は頼家の娘である竹御所を妻とし、第五代将軍には頼経の子が就任した。その後は皇族出身の将軍が続いたが、いずれも若くして北条氏により解任され、政治の実権は持っていなかった。

 このような流れについて疑問に感じられるのは、頼朝直系の男子が滅びた後、京都から将軍を迎えた点である。源氏の「棟梁」の家系は断絶したかもしれないが、源氏の縁者は各地に多数存在していた。頼朝の弟も生存していたし、室町時代に将軍家となった足利氏のほか、甲斐の武田氏も健在であった。

 足利氏、信濃の平賀氏などは、源氏のなかで「門葉」(もんよう)と呼ばれもっとも重視された親族で、門葉の一族は、将軍になれる資格を持っていた。にもかかわらず傀儡将軍が続いた点は、ライバルであった御家人を次々と葬り去ったことにより、ほかの一族では対抗できないほど北条氏の権力が絶大なものとなっていたためなのかもしれない。

王女メディアのような北条政子の“子殺し”…頼朝や源氏一族に対する激しい怒りが根底に?

 さらに疑問に感じるのは、頼家、実朝の母である北条政子の振る舞いである。謀殺された2人の将軍は、ともに政子の実子である。また実朝殺害の実行犯である公暁は、政子の孫にあたる。源氏本流断絶の背景に北条氏の暗躍があったことは明らかだが、政子は自分の実の子や孫が抹殺される計画に積極的に加担したのであろうか。彼女にとっては、実家の覇権のほうが重要だったのか。あるいは計画を知っていながら、いたしかたなく黙認したのだろうか。

 権力者の親族間の主導権争いはありふれた出来事で、たとえば足利尊氏は弟の直義を謀殺した(観応の擾乱)。時代が下って、織田信長も尾張一国の支配のために、弟をはじめとして多くの親族を抹殺している。

 このように親や兄弟の抹殺や追放というのはさほど珍しくはなかったが、「子殺し」というのは、さすがにあまり例がないようである。徳川家康は信長から疑いをかけられた息子の信康に切腹を命じたが、これも断腸の思いで死を命じたと伝わっている。こうしたことを考えると、北条政子が2人の息子とどう向き合い、なぜ彼らの死を許容したのか、その理由を知りたいものである。

 子殺しというテーマで思い出されるのは、古代ギリシアの劇作家・エウリピデスによる『王女メディア』である。夫・イアソンに別れを告げられて追放されたメディアは、イアーソーンへの復讐のために彼の新しい花嫁とその父王を殺害、さらに自分の2人の息子までを殺害してしまう。メディアを犯行に駆り立てたのは夫への復讐心であったが、北条政子も、頼朝や源氏一族に対する怒りを胸に秘めていたのかもしれない。

 なお本稿の執筆にあたっては、『北条氏の時代』(本郷和人著/文春新書)、『北条政子』(関幸彦著/ミネルヴァ書房)、『現代語訳 吾妻鏡7』(五味文彦、本郷和人訳/吉川弘文館)などを参考にした。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合