NEW
「山口組組員」だった異色の司法書士・甲村柳市氏【特別寄稿】

元ヤクザの司法書士が怒りと悔しさに震えた理由…過剰な暴力団排除の異常な裏側

文=甲村柳市/司法書士・行政書士
【この記事のキーワード】, ,
東亜国際合同法務事務所代表の甲村柳市氏
東亜国際合同法務事務所代表の甲村柳市氏

 現在、岡山市内で東亜国際合同法務事務所の代表として司法書士や行政書士の業務に携わる甲村柳市氏は、1972年生まれの49歳。現在のやわらかな物腰からは想像がつかないが、なんとかつては山口組傘下組織の構成員で、服役の経験もあるという。

 異色の経歴を生かして活躍する甲村氏が、埼玉・川越で起きたネットカフェ立てこもり事件を受けて、特別寄稿を行った。

更生できない者たちは死ぬまで罪を重ねる

 6月21日、埼玉・川越のネットカフェで男が女性店員を人質に立てこもり、5時間ほどで逮捕される事件があった。報道によると、男は2012年にも愛知県で立てこもり事件を起こして9年ほど服役しており、2カ月半前に出所したばかりであった。しかも、愛知の事件の前から詐欺や窃盗でムショを出たり入ったりしていたという。

 幸い、人質にされた女性は少しケガをしただけだというが、殺されていてもおかしくはなかった。こんな男をかばう余地はないが、今の刑務所での更生はまったく期待できない上に、出所後のフォローもないことは、もっと問題にされていいと思う。

 更生できない者たちは、死ぬまで罪を重ね続けるだろう。次の被害者は、今この記事を読んでいるあなたや、その家族かもしれないのである。

 私は「前科者」「元暴力団員」という過去を補うために、司法書士や行政書士の資格を取って社会に貢献しているつもりであったが、それでも社会の一員と認められない現実に直面したので、そのことについて書かせてもらうことにした。

「元暴力団」にはクルマは売れない

「残念ですが、お客様にはお売りできなくなりました」

 つい先日のこと。都内の輸入車販売業者の店舗を訪ねた私は、担当者からこう言われた。ほしかった車について、事前に見積もりや決済、引き渡しの方法などを電話とファクスでやりとりし、来店の予約もしていたのだが、売れないという。驚いたが、すぐにピンときた。

「私が“元(暴力団員)”やからか?」

「大変申し上げにくいのですが……実はその通りで……」

「なるほどね……」

 インターネットで自分のことを調べたら、「元山口組」という「ご経歴」がたくさんヒットする。山口組は15年以上も前にやめているし、今は法律家の看板を掲げているのに、私はれっきとした「元暴力団員」であり、そんなヤツには売れないというのだ。

「わかりました、そしたらもういいですわ」

 私はすぐに店を出た。他の業者を当たればいいことだが、やはり納得できない。時間が経つにつれて、怒りが募ってきた。

 もちろん「元暴力団員」というレッテルは一生ついて回ることはわかっているし、そのことについては後悔していない。だが、法律家になることで、社会の信用は得たつもりであったし、今までこのような仕打ちを受けたことはない。

「なるほど、再犯が増えるわけや……」

 帰路につく車内、私は独りつぶやいた。

RANKING

17:30更新