NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

抗がん剤、崩れ始めた効果の根拠…投与が「二次がん」誘発も

文=岡田正彦/新潟大学名誉教授
【この記事のキーワード】, ,
抗がん剤、崩れ始めた効果の根拠…投与が「二次がん」誘発もの画像1
「gettyimages」より

 誰もが避けて通れないのが、「がん」という病気です。そのがんをめぐる従来の常識が、根本からくつがえったという話題をお届けします。ひとつは、画像技術の多様化で小さな影まで見つかるようになり、がんの運命の多様性もわかったことです。がんのように見えていながら、実はいつまで経っても大きくならないもの、あるいは途中で消えてしまうものなどが多く、必ずしも「がん=死」ではなくなりました。

 もうひとつは、がんの新しい薬が続々と登場し、昔から使われてきた「がんの薬」の評価が極端に下がってしまったことです。どういうことか、最新のエビデンスを見ていきましょう。

使用機会減る化学療法剤

 がんの薬には、大きく分けて3つあります。昔から使われてきたのが「化学療法剤」です。吐き気、脱毛、下痢などの強い副作用は広く知られているところです。その後、登場したのがホルモン療法剤です。たとえば前立腺がんは男性ホルモンが、また乳がんは女性ホルモンが、がんの増殖をそれぞれ促進してしまうため、これらの働きを抑える物質が治療薬として使われています。そして最新の薬が、分子標的療法剤と呼ばれ、がん細胞だけに作用して増殖や転移を抑え込むものです。

 さて、やり玉にあげられたのは化学療法剤でした。たとえば代表的な薬のひとつシスプラチンは、がん細胞のDNAに入り込んで増殖を止めるという働きをします。がんと診断された多くの人が(本人は知らなくとも)使われていたはずです。がん細胞は分裂頻度が高いため、この薬が効きやすいはず、という理屈なのですが、容易に想像できるように健康な細胞をも傷害してしまいます。

 化学療法剤の副作用のなかでも最悪なのは「発がん」です。不適切な治療が原因で、がんが新たに発生することがあり、「二次がん」と呼ばれます。がんを患って、一度は回復したはずの人が、その後も次々に別のがんを発症することがありますが、その原因のひとつが化学療法剤だったというわけです。

 詳細は拙著『がん検診の大罪』(新潮選書)に譲りますが、化学療法剤で「明らかな延命効果」が証明されたものは、ひとつもありませんでした。専門家が化学療法剤を使う根拠とする学術文献はたくさんあるのですが、ずさんな研究が多く、仮にデータが正しかったとしても、寿命がせいぜい数カ月延びるだけ、というものばかりでした。それにもかかわらず、がんの専門医は抗がん剤に固執してきた、という歴史があります。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合