NEW

『バス旅Z』、Zコンビ解散危機…不人気の田中・羽田を引退させるためのヤラセ?

文=上杉純也/フリーライター
【この記事のキーワード】, ,
『バス旅Z』、Zコンビ解散危機
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』公式サイトより

 本日18時30分、待ちに待った『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』(テレビ東京系)の最新作が放送される。第19弾となる今回は、実は“審判の回”といえる。田中要次・羽田圭介の“Zコンビ”は、現在2連敗中で通算9勝9敗の五分。負け越したらチーム解散というルールのため、正念場を迎えているのだ。

 この非常事態に際しSNS上では、「不人気の田中・羽田コンビを引退させるため、制作側はあえて超難解なルートばかりを選んでいるのではないか」といった声が囁かれている。

 本当にそうなのか、今回は過去9回の失敗を振り返り、本当に“難解なルート”ばかりだったのか、検証してみたい。

3択で“唯一の不正解ルート”を選択

 まずは、完全にルート選択で失敗した回から振り返ってみる。その代表が、鳥取県・境港から長崎県・平戸を目指した第8弾(マドンナ=佐藤藍子)だ。ポイントとなったのは、最終日の午後に到着した佐賀バスセンターでの「伊万里、武雄、鹿島」の三択だった。ここで一行は3つの中で最も大都市だった伊万里市方面を目指したが、その先の長崎県佐世保市方面への最終バスはすでに終了しており、ゲームオーバーとなってしまう。

 実はこのとき、伊万里以外の2ルートを選択していればゴール可能だった。その場合、嬉野温泉を経由して佐世保駅に向かうルートになる。嬉野温泉は鉄道の駅から離れているため、代わりのバス路線が充実していた。この点に気づいてよく検討していれば、平戸へ到達するルートを発見できていたハズなのだ。時間をかけて聞き込みした結果、唯一の不正解を選んでしまったことは、かえすがえすも残念。いつもあれだけ「温泉、温泉」と言っている田中要次が、なぜ一番肝心な場面で嬉野温泉をスルーしたのか、今もなお残る謎である。

『バス旅Z』、Zコンビ解散危機…不人気の田中・羽田を引退させるためのヤラセ?のページです。ビジネスジャーナルは、芸能・エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!