NEW

女優座談会「AV新法で収入減少」…悪化する労働環境、混乱する撮影現場の実態

構成=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】,
左から花宮さん、緒川さん、栗下さん、天使さん、月島さん、稲森さん(撮影=編集部)
左から花宮さん、緒川さん、栗下さん、天使さん、月島さん、稲森さん(撮影=編集部)

 出演者が無条件で出演契約を解除できることを定めた「AV出演被害防止・救済法」(AV新法)の修正を求めるセクシー女優5人が8月4日、成人向け映像コンテンツ業界のプロダクションでつくる「日本プロダクション協会」に集まり、7月の参院選(比例代表)に立憲民主党公認で立候補(落選)した元都議の栗下善行氏と、同法の問題点や修正の方向性について意見を交わした。

 5人は天使もえさん、稲森美優さん、月島さくらさん、緒川はるさん、花宮レイさん。

 同法の「契約の無条件解除」のほか、「契約は作品ごとに結ぶ」「契約は撮影日の1カ月前に締結する(1カ月ルール)」「撮影から作品の発表まで4カ月間空ける(4カ月ルール)」ことを義務付ける各項目によって、撮影中止や契約の棚上げが相次ぐなど現場が混乱し、仕事が奪われた状態に陥っているとして、修正を求めている。

 法制化の過程で「国会の意見聴取は業界の第三者団体のAV人権倫理機構からの聞き取りにとどまり、当事者の協会や女優らかはヒアリングしていない」と手続き的にも問題があるとしている。

 意見交換の主なやり取りは次の通り。(敬称略)

新法制定以降、撮影現場のバラシ(キャンセル)頻発

緒川はる(以下、緒川) AV新法の問題は現場がバラシ(キャンセル)になったりとか、いろいろあります。女優だけでなく、男優さんにもメークさんにも影響が出て、収入が減っています。

稲森美優(以下、稲森) ツイッターとか見ててもバラシはめちゃめちゃありますよね。

月島さくら(以下、月島) しかも急きょのバラシになっても代役が呼べない。女優さんや男優さんに問題が起きても代役が呼べない事態になっています。

稲森 新型コロナウイルスの濃厚接触者になっちゃっても差し替えができません。

緒川 撮影の日付が変わっても撮り直しできない法律なので、改めてスタッフさんを含めて全員、一から契約を結ばなくてはなりません。お葬式があっても駄目ですからね。大変な法律で融通が効かない。

稲森 1人が駄目になると全員が崩れてしまう。

緒川 1人が駄目なら全員のその日のお給料が発生しなくなります。補償してくれる所もない。その点で不満が一番多いのかな。

栗下善行(以下、栗下) コロナで1日2万人、3万人と感染する中で、スタッフさんの中に1人でも感染者がいらっしゃったらストップする訳ですよね。コロナ禍じゃなかったら良いという訳ではないですけど、特に大変ですよね。

作品PRでのSNS発信制限の法解釈にズレ?

天使もえ(以下、天使) (新法を推進した)国会議員がSNSで「(1カ月ルールは)猶予を持たせても大丈夫ですよ」ということを発信しているんですけど、法律はそうなっていない。議員さん1人から「大丈夫ですよ」と言われても、法律ではそう決まっている訳だから、私たちが議員の発言を信じても捕まっちゃうことになるんですよね。

月島 議員に会って直接聞いたんですけど、「1カ月後から2カ月後に猶予を持たせる契約をしてもいい」と。

稲森 それは議員さんがおっしゃっているだけでなく、法律の解釈もそうなんですか?

月島 議員さんが内閣府に確認してくれたみたいで。

緒川 そういうズレを公式に発表してほしいですね。じゃないと「言った、言わない」の水掛け論になりますから。

栗下 新しい法律ですから、まだはっきりと決まっていない部分もありますし、共有されていない部分もありますので、結構問題だと思うんですよね。猶予を持たせると言っても同じ人、同じスタッフさんで撮らないといけないんですよね。だからどうなのかなという気もしますね。

緒川 スタジオ押さえることも決まっているんですよね。そうするとできない。

栗下 その日いろんなものを押さえていたとして、その日がなくなっちゃうことは防げないですよね。他にも解決策が必要なのかなと思います。

日付ごとに契約書……「70枚契約書を書かされた」

天使 プロダクション協会などが「1カ月間、その人は自由に撮影に参加できます」という申請を出し、それが通れば解決すると思うんですよね。作品ごとの契約についても、「どの作品にも出られる」と融通の幅を広げてもらいたいのが今回改正してほしい内容です。

緒川 コンテンツも別契約、1作品15分のものでも契約になっちゃっているので幅が狭い。日付ごと、企画ごとに契約書を書かなければならず、めちゃめちゃ時間と手間が掛かります。

月島 噂で「70枚ぐらい契約書を書かされた」と聞いたことがあります。

緒川 「三十何枚書かされた」とも聞いたので。私たちの業界は一般の方から見たら自由にやっているように思われがちですけど、法律に触れないようにきちんと正しくやりたいから、厳しめでプラスアルファでやっているんですよ。AV新法ができたことで、よりみんな捕まりたくないし、ちゃんと働きたい、よりプラスにこっちも規制を掛けることになり、難しさを感じます。