NEW

アニメファンの熱量低下?Netflixなどが批判覚悟で一挙全話配信をやる事情

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
サイト「Netflix」より
サイト「Netflix」より

 7月25日にあるTwitterユーザーが呟いた投稿が、1.8万以上の「いいね」を集め(8月19日時点)、話題を呼んでいた。その投稿では、動画配信サイトのNetflixなどによるアニメの一挙配信が、「次回はどうなるんだ?」と1週間待ちながら話題を形成していくファンの熱量を下げており、外資系の動画配信サイトはこうした構造を理解できていないのではと指摘されていた。

 そこで、この指摘に関して、ブシロードやバンダイナムコスタジオなどで10年以上もの間、海外向けにアニメやゲームの海外展開を担当してきたエンタメ社会学者の中山淳雄氏に話を聞いた。

手塚治虫が切り開いた「毎週1話30分」というテレビ地上波アニメの習慣

 まず、日本のアニメの放送スタイルはどのようなものだったのか。

「毎週1話30分放送のテレビアニメの原型を作ったのは、手塚治虫が率いる虫プロが1963年に制作した『鉄腕アトム』です。アニメ制作は膨大な時間と手間がかかるので、当時どのテレビ局も本格的なアニメ制作にはおよび腰でした。

 しかし虫プロがセル画の口部分だけを動かすなど、作画コストを下げるアイディアを多く導入したことで、毎週30分のアニメを制作して放送するというスタイルが確立したのです。以降これが主流となり、各テレビ局が毎週1話30分で続きもののアニメを放送するようになりました」(中山氏)

 こうした1週間に1話ずつの放送スタイルが、アニメの人気を盛り上げるファンコミュニティを形成していると、話題のツイートやそこへのリプライでは語られていた。

「これはおっしゃる通りですね。一体次の話はどうなってしまうのか? と続きを期待させる演出をクリフハンガーというのですが、こうした演出の効果もあり、ファンは1週間ああでもないこうでもないと次の展開を考察するわけです。2017年『けものフレンズ』や2021年『PUI PUI モルカー』などは、こうしたファンの反応によってコンテンツが後から大きく成長した事例でしょう」(同)

外資系動画配信サイトが理解したうえで選択しなかった日本的放送スタイル

 一方、近年は日本で主流の「毎週1話30分・地上波放送」というスタイルとは異なり、Netflixなどのようにアニメを一挙全話配信するスタイルも多くなってきたという。

「まず整理しておきたいのですが、日本では多くのアニメが毎週1話30分で地上波放送されています。ですからリアルタイムでアニメを楽しむことが可能なのです。ですがその後、外資系の動画配信サイトを介して地上波勢が体験した“待ち時間”を廃した、一挙配信が世界に向けてなされるわけです」(同)

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合