NEW

山崎怜奈、乃木坂46への甚大な貢献…“不遇の2期生”が選抜経験ナシで成功

文=上杉純也/フリーライター
【この記事のキーワード】, ,
山崎怜奈、乃木坂46への甚大な貢献
「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」公式サイトより

 8月31日、人気女性アイドルグループ・乃木坂46の最新作となる30枚目シングル『好きというのはロックだぜ!』が発売され、初日売上43.5万枚(オリコン調べ/8月30日付)を記録。オリコンデイリーシングルランキング1位を獲得し、その国民的人気ぶりをあらためて実感させられた。

 だが、そんな今作の選抜メンバー19人のなかで2期生は、鈴木絢音(23)のみである。いや、2期生自体、鈴木しか残っていないのだ。というのも、同じ2期生の山崎怜奈(25)が今年7月17日をもって卒業してしまったからである。

 山崎といえば、「れなち」「れなちさん」「ザキさん」など30を超える愛称を持ち、クイズ番組や歴史教養バラエティなどに多数出演していることもあり、乃木坂46のファンでなくとも知っている人は多いだろう。

 そんな人たちに知らせておきたい事実がある。実は彼女、乃木坂46に加入してから卒業するまで、一度も選抜経験がないのだ。それにもかかわらず、“アイドル・山崎怜奈”は実はかなり凄い人だったのである。卒業から1カ月以上たった今、彼女が乃木坂46に残した功績をあらためて考えてみたい。

 山崎伶奈は1997年5月21日生まれの東京都江戸川区出身。15歳だった2013年3月28日、2期生オーディションを勝ち抜いた14名に選ばれ、グループに加入した。ところが、この2期生は最初から正規メンバー扱いされることはなく、今となっては謎の“研究生”というシステムが採用されていたのである。ちなみに、のちに加入する3期生や4期生、5期生にこの制度はなく、最初から正規メンバー扱いとなっていた。

 たとえば、2期生のなかで最速で正規メンバーになったのは当時16歳の堀未央奈(25)だったが、それは2013年11月に発売された7thシングル『バレッタ』においてセンターに大抜擢されたためだった。のちに選抜常連組となる新内眞衣(30)も、正規メンバーに昇格したのは2014年3月2日だったように、2期生の扱いはバラバラであった。

 彼女がようやく正規メンバーに昇格したのは2015年2月22日のこと。最初のお披露目から、およそ2年もかかっていた。のちに彼女は「乃木坂46を辞めようと思ったことが3度ある」と語っているが、そのうちの1つがこの研究生期間だったという。

 だが、学業に専念するため、同年6月から活動を一時休止。超難関の慶應義塾大学環境情報学部に合格し、芸能活動を再開すると、たちまち“インテリアイドル”として評価され、『Qさま!!』(テレビ朝日系)などのクイズ番組に出演するようになり、徐々に注目されるようになる。

『歴史のじかん』 歴史やクイズなど、本人の幅広い興味を軸に、様々なフィールドで活躍を続ける山崎怜奈さんの初めての書籍は、2019年までひかりTV・dTVチャンネルで放送されていた「乃木坂46山崎怜奈 歴史のじかん」を基にした歴史本です。 amazon_associate_logo.jpg

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合