NEW

注目のスポーツベットについて解説

【この記事のキーワード】,

 昔からスポーツは多くの人々の間で親しまれてきました。特にヨーロッパでは昔からスポーツベッティングが盛んに行われており、近年ではオンライン上でも気軽に楽しめるようになっています。この記事では、世界におけるスポーツベッティングとは何か、どのような仕組みなのかを解説していきます。

注目のスポーツベットについて解説の画像1

スポーツベットとは?

 スポーツベットとは、スポーツイベントの結果に対して賭けることを指します。スポーツベットは1990年代後半に登場し、この10年間で多くの国や地域で楽しまれるようになりました。そして、スポーツベットができるサイトをブックメーカーと呼びます。ブックメーカーはイギリスを発祥とし、現在ではヨーロッパ、アジア、北アメリカなどに広がっています。

 当初、スポーツベットは試合の勝敗を賭けるだけでしたが、今では試合の前半に何点入るか、ファウルが何回あるか、サービスエースが何本あるかなど、スポーツによって様々な事柄に賭けることができます。そして、ブックメーカーによって賭けの種類やオッズが異なります。

 スポーツベットの還元率は、一般的に90~98%です。これは競馬などの他の賭け事と比較してかなり高い還元率であることから、近年ではスポーツベットを好む人が世界中で増えています。

 また、スポーツベットには「ライブベッティング」という機能があり、試合観戦と同時並行で賭けることができるというものです。このライブベッティング機能では、試合の進行に合わせてオッズが変更され、プレイヤーはそれに合わせて自由にベットをすることが可能です。

注目のスポーツベットについて解説の画像2

スポーツベットの対象のスポーツ

 スポーツベットでは、幅広いスポーツを対象に賭けることができます。メジャーなスポーツはもちろん、マイナーなスポーツも取り扱っており、好きなスポーツに自由にベッティングを楽しむことができます。また通常のスポーツだけでなく、eスポーツも賭けの対象として提供されているのもスポーツベットの特徴の一つです。

 そして、取り扱っているスポーツの種類はブックメーカーによって大きく異なり、メジャーなスポーツに力を入れているところ、ヨーロッパの伝統的なスポーツに力を入れているところ、サッカーに特化しているところなど、様々です。スポーツベットの代表的なスポーツは以下の通りです。

 野球/サッカー/柔道/ゴルフ/テニス/アイスホッケー/オートバイ/ビリヤード/ハンドボール/相撲/バドミントン/クリケット/スヌーカー/バンディ/アメリカンフットボール/ラグビー/ボクシング/サッカー/競馬/オートレース/バレーボール/ゲーハー/アイスホッケー/オージールール/ローンボウル/ウィンタースポーツ陸上/モトクロス/スヌーカーなど

 eスポーツは、新しいゲームの発売に合わせて随時追加されています。現在人気のeスポーツとしては、以下をあげることができます。

 RTS(リアルタイムストラテジー)/MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)/League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)/FPS(ファーストパーソンシューター)/CS:GO/World of tanks(ワールドオブタンクス)など

スポーツベットの運営・仕組み

 スポーツベットは、ブックメーカーというオペレーターによって提供されています。かつてはヨーロッパにて実店舗を持つブックメーカーが主流でしたが、最近ではオンラインブックメーカーの数が増えており、アメリカやアジアなど世界中で拠点を問わずサービスを提供するようになっています。

 これらのブックメーカーは安全にスポーツベッティングが楽しめる環境を提供するよう、各国政府のゲーミング委員会によって取り締まられています。

 ブックメーカーとしてサービスを提供するためには、まずは厳しい審査を通過する必要があり、それをクリアした企業のみがサービス提供を許可されています。そして、定期的に審査が行われる仕組みとなっているので、常に安全性が保たれているといえるでしょう。

 数年前まではブックメーカーはパソコンから利用するのが一般的でしたが、最近ではモバイル最適化しているブックメーカーの数が増えています。これにより、スマートフォンからも簡単にスポーツベットを楽しむことができるようになっている、というのが世界の実情です。

※本稿はPR記事です。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら