NEW

「超RIZIN」で波紋を呼んだ、ごぼうの党代表を作り上げた現代社会【沖田臥竜コラム】

文=沖田臥竜/作家
【この記事のキーワード】, , ,
「超RIZIN」で波紋を呼んだ、ごぼうの党代表を作り上げた現代社会【沖田臥竜コラム】の画像1
朝倉未来相手に圧倒的な強さを見せたメイウェザー

 「RIZIN38」(9月25日・さいたまスーパーアリーナ)のメインイベント。61キロ契約のMMAルール(5分3ラウンド)で行われた堀口恭司vs金太郎戦。「史上最強のメイド・イン・ジャパン」とまでアナウンスされた、日本人としてリングの頂点に君臨する絶対的王者・堀口選手が放った右ミドルに対して、金太郎選手が左ストレートを放つ。圧倒的な臨場感に高揚するアリーナが大きく響めきをあげた瞬間だった。

 その光景は、下馬評を覆し、朝倉海選手が堀口選手をマットに沈めた一戦を彷彿させた。絶対的王者を相手に、不良の世界からのしあがってきた金太郎選手が、会場を大きく揺さぶってみせたのだ。その時、大半の観衆が金太郎選手の大番狂わせに期待を寄せていた――。

 頑張れば、誰にだって可能性という道は拓かれる。同じような境遇から、これからの夢を見ている世代に、金太郎選手の闘志は大きな刺激になったのではないだろうか。 「RIZIN38」のメインイベントを飾るにふさわしい試合であった。

 だが、それらに水を指し、物議を醸すことになったのが、同日同会場で行われていた「超RIZIN」のメインイベント。フロイド・メイウェザーvs朝倉未来戦での花束贈呈でのシーンだ。

 試合前、メイウェザーに花束を渡すため、いつものコスチュームである袴姿でリングに上がった、ごぼうの党・奥野卓志代表が、健闘を祈る意味合いを込めた花束をメイウェザーに手渡さず、目前に放り置くようなことをやって見せたのだ。手から手へと渡るはずだった綺麗な花束は、メイウェザーが拾い上げるまで、無造作な状態でリングの上に置き去りにされる格好になった。

 会場で見ていた私も、一瞬何が起こったのかわからなった。横の席に座っていた後輩に「あれ、なにが起きてん?」と尋ねたほどだ。その時は、失礼とか、日本の恥だ、とかの感情は一切芽生えてこなかった。まさかこのような出来事が起こるとは想定してなかったので、脳の処理が追いつけなかったのである。

 確かに強烈な嫌悪感は、奥野氏がリングに上がった瞬間からあった。

 私は、戦略的に人と違った派手なことをやり、金銭的関係から深められた有名人らとの人脈を駆使し、世間への不満を常に持っている層と、それを面白がって騒ぎ立てるメディアにより作り出されたような人間を好きになれない。というか、おもしろいと感じないのである。私の奥野氏に対する評価はまさにそれだった。

 マナーや常識などといわれるものは、実際には受けた教育や生きてきた境遇、環境によってそれぞれで、ときにそれらをぶち破ってこそ、評価されることも確かにある。だがそこには、人としての普遍的な道徳心や誠意というものがなくてはならないし、それを持ち合わせていない人間を、私は受け入れることができない。

 本来ならば、社会的通念を鑑みるまでもなく、常識ともいえる義務教育レベルで考えても受け入れられないはずの感性が、ソーシャルメディアの発展によって、狭いコミュニティの一部では支持を得るような状況が生まれ、社会を混沌させているのは事実だろう。まさに「タコツボ化」だ。

 そんな中で、過剰に増幅してしまっているのが、他人からの承認欲求ではないだろうか。自分を見てもらい、「いいね」をもらうことが何よりの喜びになる。それがクセになり、より目立とう、より派手なことをしようなどという志向が拡大していく。一方で、そんな中で喪失されていったのが、人間として当たり前に持つべき礼節ではないだろうか。

 考えてみてほしい。SNSでは、見ず知らずの素性すらわからない人間に、ときに人格否定にもつながるような、すごい言われようをすることもあるのだ。そんなことが当たり前に起こる社会になってしまった。もう引き返せないかもしれないが、ソーシャルメディア・ビジネスを拡大させすぎたのは、間違いだったと思わざるを得ないのだ。

「超RIZIN」で波紋を呼んだ、ごぼうの党代表を作り上げた現代社会【沖田臥竜コラム】のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!