沖田臥竜/作家の記事一覧

(10件)

2014年、アウトローだった自らの経験をもとに物書きとして活動を始め、小説やノンフィクションなど多数の作品を発表。小説『ムショぼけ』(小学館)を原作にした同名ドラマが現在配信中(ドラマ『ムショぼけ』)。調査やコンサルティングを行う企業の経営者の顔を持つ。
「沖田臥竜オンラインサロン」では、会員限定で情報発信や小説発表をしている。


Twitter:@pinlkiai

山上徹也の伯父の言葉をめぐる「当事者とメディアの使命と責任」

7月14日発売の「週刊文春」と「週刊新潮」が、安倍晋三元首相の銃撃犯である山上...

NEW

安倍元首相銃撃事件に思う「世界を変える」「自分を救う」ための思考

私自身も、かつて少なからず森友問題を取材し、さまざまな関係者に直接話を聞いたの...

NEW

【追悼】反骨の映画人・河村光庸氏が遺した「功績」と「笑顔」

筆者がコロナに感染した矢先に届けられたのが、映画人・スターサンズ代表の河村光庸...

NEW

小説『ムショぼけ』重版で確信した、21年間書き続けたことの意義【沖田臥竜コラム】

 まだ春は始まったばかりのある日。私の携帯電話が鳴った。お世話になっている小...

NEW

小説『ムショぼけ2~陣内宗介まだボケてます~』発売! 話題作の続編を堪能あれ

ただお陰さまで、すべてを犠牲にしてでも、これだけはやり遂げてみせると情熱を燃や...

NEW

暴露系YouTuberの人間性の本質とは【沖田臥竜コラム】

現在、異常な騒ぎを見せている暴露系YouTuberである東谷義和氏の「ガーシー...

小説『ムショぼけ2〜陣内宗介まだボケています〜』サイゾーから発売! さらに秋には…

ただお陰さまで、すべてを犠牲にしてでも、これだけはやり遂げてみせると情熱を燃や...

NEW

森友公文書改ざん問題をめぐる、表現の可能性と報道への違和感【沖田臥竜コラム】

 「週刊文春」(2月3日号)で、森友問題の中で公文書改ざんに関わり、自ら命を断...

懸賞金付きの未解決事件が二十数年のときを経て、ついに弾けるのか【沖田臥竜コラム】

現在、20年以上前に起こったコールドケースに対して、それこそマスコミが色めき立...

70年続いた売春街の灯火が消えた「かんなみ新地」は今【沖田臥竜コラム】

神戸方面から国道2号線を出屋敷線へと右折した私は、信じられない光景を目の当たり...