NEW

【緊急生配信】日本のコロナ対策、失敗の本質…海外に大きく遅れた理由(講師:上昌広)

【この記事のキーワード】, ,

【緊急生配信】日本のコロナ対策、失敗の本質…海外に大きく遅れた理由(講師:上昌広)の画像1 新型コロナウイルス感染症拡大が始まってから3年が経過しようとしている。2020年の初の緊急事態宣言発出から2年以上が経過し、今月2日に確認された東京都の感染者は1万人を超え、全国でも10万人を超えるなど高い水準となっており、すでに「第8波」に入っているとの見方もある。

 感染拡大が始まって以降、指摘されてきたのは、PCR検査数の少なさだ。政府は保健所の業務逼迫と病床数逼迫を回避するために検査を抑制。経済開発協力機構(OECD)加盟38カ国の人口1000人当たりの検査数調査では、日本はメキシコ、コロンビア、スロベニアに次いで少なく、最も多いオーストリアの40分の1にとどまるなど(22年2月公表)、その少なさは突出している。

 さらに政府は今年8月、日本感染症学会など4学会の「症状が軽い場合は、検査や薬のため医療機関を受診することは避けてほしい」とする共同声明を受け、自治体に向けて同声明を参考にするよう通知。国民に受診自粛を求め、医療現場からは異論の声が上がるなど議論を呼んだ。

 こうした政府の一貫した検査・受診自粛の姿勢が影響してか、日本の20年1月から21年12月までの超過死亡(過去の死亡統計や高齢化の進行から予想される死亡者数と、実際の死亡者数を比較した数字)は、OECD加盟国中で最多となるなど(米ワシントン大学の研究チームの論文より:英「ランセット」誌)、国民に大きな影響が出ている。

 また、ワクチン接種の遅れも感染者数増加につながったと指摘されている。今年2月時点で、日本で追加接種を終えた人は全体の10.3%で、OECD加盟国中では最下位となっている。

 政府の対応のまずさは、感染者数に如実に表れている。今月1日、コロナの国内死者数の累計が5万人を超え、今年1年だけで3万人を超える死者が出ていることがわかったが、WHOの集計によれば、日本の11月21~27日の週間感染者数は69万8772人で世界最多。週間死者数もアメリカに次いで2番目に多く、諸外国と比べて感染者数・死者数が高い水準となっている。

 政府が国民の検査・受診に及び腰である要因としては、新型コロナが感染症法上の「2類」に分類されている点が指摘されている。結核やSARSが該当する「2類」では、都道府県知事は感染が認められた患者に対して入院を勧告することができると定められているため、自治体は当初、全感染者を入院させるようにした。そこで政府は先月から、コロナを季節性インフルエンザと同じ「5類」へ引き下げることも視野に検討に着手したが、医師で医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏は「我が国の問題は、本質について議論せず、コロナを感染症法の二類から五類に変更する、全例届け出をやめるなど些末な話に終始することだ。コロナ対策のあり方を抜本的に見直さねばならない」と指摘する。

 そこで本ウェブセミナーでは、上昌広氏に、日本のコロナ対策の失敗の本質と、今本当に求められている対策、そして感染収束の見通しについて語ってもらう。

講師

上昌広/医師、医療ガバナンス研究所理事長

開催日

開催日:2022年12月30日(金曜日)

時間:13:00〜14:30(講義時間60分、質疑応答30分)

料金:2,990円(税込)

配信:Zoomウェビナー(PC、スマホ、タブレットから視聴できます)

※ご購入後のキャンセル、返金は原則承っておりません。

※「購入」ボタン押下後に表示される「STORES」上でご購入手続き完了後、メールにて受講方法をご案内いたします。

※ ネットワークトラブルなど不測の事態でセミナーを中断・中止せざる得ない可能性がございます。あらかじめご了承ください。

※以下の購入ボタンが表示されない方は、こちらのリンクからご購入ください。

https://b-w-s.stores.jp/items/638de9d42ee5c240371397d0


セミナー内容(予定)

 ・日本のコロナ対策は何が間違っていたのか?

  (厚労省の医系技官と一部の専門家による情報の独占、内輪の議論)

 ・日本のはるか先を行く海外のコロナ対策

  (日本でオンライン診療や在宅検査が普及しない根本的原因)

 ・今、本当に求められるコロナ対策とは?

 ・コロナ収束の見通し

講師プロフィール

【緊急生配信】日本のコロナ対策、失敗の本質…海外に大きく遅れた理由(講師:上昌広)の画像2

上昌広(かみ・まさひろ)

特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長

1993年東京大学医学部卒。1999年同大学院修了。医学博士。虎の門病院、国立がんセンターにて造血器悪性腫瘍の診療・研究に従事。2005年より東京大学医科学研究所探索医療ヒューマンネットワークシステム(後に先端医療社会コミュニケーションシステム)を主宰し医療ガバナンスを研究。2016年3月退職。4月より現職。

その他

・ご購入後のキャンセル、返金は原則承っておりません。

・セミナー開催中、SNSなど外部にセミナーの内容や感想の投稿することを禁止いたします。

・購入手続きをすることで、 Business Web Seminarの利用規約およびプライバシーポリシーに同意するものとみなされます。 

※以下の購入ボタンが表示されない方は、こちらのリンクからご購入ください。

https://b-w-s.stores.jp/items/638de9d42ee5c240371397d0


【ご注意】

・推奨動作環境について

 サポートされているオペレーティング システム
  macOS X と macOS X (10.10) 以降
  Windows 11 *
  * 注: Windows 11 はバージョン 5.9.0 以降でサポートされます。
  Windows 10 *
  * 注: Windows 10 を実行しているデバイスの場合、Windows 10 Home、Pro、または Enterprise を実行する必要があります。 S モードはサポートされていません。
  Windows 8 または 8.1
  Windows 7
  Ubuntu 12.04 以降
  Mint 17.1 以降
  Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降
  Oracle Linux 6.4 以降
  CentOS 6.4 以降
  Fedora 21 以降
  OpenSUSE 13.2 以降
  ArchLinux(64 ビットのみ)

 サポートされているタブレット端末とモバイル デバイス
  iOS と Android デバイス
  Blackberry デバイス
  Win 8.1 以降の Surface PRO 2 以降
  注:
  Windows 10 を搭載しているタブレット端末は、Windows 10 Home、Pro または Enterprise を搭載している必要があります。 S モードはサポートされていません。
  タブレット端末 コンピュータ は、Zoom デスクトップ クライアントのみに対応しています。

 サポートされているブラウザ
  Windows: Edge 12+、Firefox 27+、Chrome 30+
  macOS: Safari 7+、Firefox 27+、Chrome 30+
  Linux: Firefox 27+、Chrome 30+
  注: ウェブ クライアントの一部機能は、Internet Explorer ではサポートされていません。

・安定した通信環境、動画視聴に適した設備にてご視聴ください。

・視聴に伴う通信料は、お客様のご負担となります。

・当講座の資料および配信映像の著作権は、当社または第三者が保有しております。録画・録音・撮影等の複製ならびに改変・配布・配信等の2次利用はお断りいたします。不正にご利用の際は法的措置を取らせていただく場合がございます。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

Instagram: @businessjournal3

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

【緊急生配信】日本のコロナ対策、失敗の本質…海外に大きく遅れた理由(講師:上昌広)のページです。ビジネスジャーナルは、PR、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!