NEW

さらば愛しのペルーサ。デビュー後のインパクトと「出遅れ病」、そして「不遇」と「記録的復活」まで。根強い人気を誇った個性的な競走生活

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
peru-sa.jpgペルーサ(JBISサーチ公式サイトより)

 本当にファンが多く、愛され続けた馬だった。

 1日、9歳馬ペルーサの引退、種牡馬入りが発表された。通算成績は28戦5勝。2010年の青葉賞が唯一の重賞勝利である。

 デビューから青葉賞まで4戦4勝。特に青葉賞では1.4倍の人気に応え、後に重賞5勝を上げるトゥザグローリー4馬身突き放す圧勝で、一躍日本ダービーの本命候補となる。タイムもダービー並みで、ハイレベルとされた10年のクラシック世代でもトップクラスの大物と目された。

 しかし、本番のダービーでは出遅れと極端なスローペースに巻き込まれ6着。一時は「凱旋門賞挑戦」という声もあったが、国内専念となってしまった。

 秋は毎日王冠で5着、天皇賞・秋で最強牝馬ブエナビスタに完敗の2着、ジャパンカップでは5着と勝ちきれず、そのすべてで「出遅れ」というゲートの深刻さを露呈。

 かと思えば、有馬記念では好スタートを切り、ファンも「いよいよくるか!」と思ったものの伸びきれず4着。せめて馬券に入ってくれよとファンを落胆させつつ、期待が大きい中で妙なレースを展開するペルーサのファンは増加していった。

 4歳時には出遅れグセは直ったものの日経賞で2着、天皇賞・春(G1)8着と勝ちきれず。天皇賞・秋は目の覚めるような末脚を披露して3着に食い込むも、ジャパンカップでは最下位だった。どうしても結果が出ない、そんな時期が長い馬であった。

 5歳になると重賞ではないオープン白富士Sで2着と敗れ、さすがに「苦しい」という見方がより強まった。その予測どおり、マイルG1の安田記念では最下位に終わる。その後喘鳴症が発覚し、1年半の休養を強いられることとなる。

 復帰したのは7歳時、同じくオープンの白富士S。ここで12着となり、ファンもいよいよ見限ってしまった。その後も重賞を中心に出走するも惨敗を繰り返し、8歳夏になっても復調の兆しは見えなかった。

さらば愛しのペルーサ。デビュー後のインパクトと「出遅れ病」、そして「不遇」と「記録的復活」まで。根強い人気を誇った個性的な競走生活のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!