NEW

天皇賞・秋に「外国馬」が出走!? 「どうせこない」の声も、日本馬とはすでに対戦経験が?

【この記事のキーワード】, ,
keibajou0308xs.jpg

 秋競馬の大一番の一つ、天皇賞・秋(G1)に、史上初の「外国馬」出走か!?

 まだ決定ではないものの、ドバイの競走馬管理団体「ゴドルフィン」のTryster(トライスター)が、秋のローテーションとして天皇賞と年末の香港Cを視野に入れていることが分かった。JRAも選出馬として既に発表している。

 出走すれば天皇賞・秋史上に残る出走となる。トライスターは今年3月のジュベルハッタ(G1)で初のビッグタイトルを獲得し、過去にはイギリスの重賞も勝利している強豪だ。

 さらに同馬は今年、すでに2頭の「日本の強豪」と対戦している。

 3月のドバイターフでは、遠征しG1初勝利を得たリアルスティールの3着という結果を残している。さらに6月のプリンスオブウェールズS(G1)では、当時世界ランク1位だったエイシンヒカリ(6着)と激突し5着と先着している。

 ただ、日本の競馬ファンとしてみれば「どうせ来ない」という声が多い。天皇賞に限らず、これまでトライスターとは比較にならない強豪が国内G1出走の可能性を示しながら、最終的には空振りに終わっているだけにこの反応も当然か。

 スプリントG1やマイルにおいては、本場香港が近いこともあってか外国馬の参戦もめずらしくないが、凱旋門賞など海外のビッグレースの時期と被る部分や馬場が日本勢にとって有利なことなど、いわゆる中長距離路線は国際レースの象徴であるジャパンカップにも強豪外国馬が出走する例が少なくなっている。

 このような状況下でトライスターの天皇賞出走の可能性は高くないのかもしれない。ただ、可能性がある以上、今後の動向には注目である。

天皇賞・秋に「外国馬」が出走!? 「どうせこない」の声も、日本馬とはすでに対戦経験が?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技