NEW

藤田伸二氏、復帰報道に「ラフプレーJRAには未練ない」と再度断言! 見据えている「プラン」の中身とは

【この記事のキーワード】, ,
藤田伸二氏、復帰報道に「ラフプレーJRAには未練ない」と再度断言! 見据えている「プラン」の中身とはの画像1

 14日、一部スポーツ紙で報じられた元JRA騎手・藤田伸二氏の「現役復帰」。地方・ホッカイドウ競馬の騎手として復帰を目指すと報じられ、競馬ファンに衝撃が走った。

 JRAを引退し、地方へという道は極めて珍しく、大きな注目が集まっているのが現状だ。ただ、この件に関し当の藤田騎手が「藤田伸二オフィシャルサイト」内のコラムにて言及した。

「ホッカイドウ競馬での現役復帰について」と題されたコラムは「またyahoo!TOPになるとはなぁ…(^^; 誰や、言ったの(笑)」と思わぬ報道だったという説明からスタートし、「復帰」を考えていたのは「事実」と語った。

その上で、現役引退後のバー経営やオフィシャルサイト、コラムなどはすべて「ファンへの恩返し」であると説明。そして、自身が「馬主になる事を薦めたオーナーさん」の馬に乗れていないことを気にかけ、現役復帰する可能性を考えていたということだ。

 復帰に関しネットの反応が好意的だったのもうれしかったようで、変わらずプランのひとつとして考えてはいるようだ。

 その一方、相変わらずの「男節」は健在。JRAには「未練はない」という点は何も変わっていないと断言。昨年戸崎圭太騎手と川田将雅騎手が特別模範騎手賞が与えられ嬉しかったが、年明けからの動向に対する不満を吐露している。その上で、現在の「ラフプレーが目立つ日本中央競馬会」と関わりたいとは思わないと語っている。

 ちなみに、このコラムに対しコメント欄にはファンの声が殺到。「是非復帰してほしい」「応援に行きたい」「ホッカイドウ競馬のため、日本競馬のためにも」と復帰を熱望する声が多い。

 藤田騎手はこのコラムを、復帰を「プランの一つ」と念押しして結んでいる。果たしてどんな未来を見せてくれるのだろうか。

藤田伸二氏、復帰報道に「ラフプレーJRAには未練ない」と再度断言! 見据えている「プラン」の中身とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか