NEW

パチスロ「ジャグラー」メーカー、6号機でも頂点に!? ノーマルタイプ"壊滅危機"も活路見出す「成功例」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「ジャグラー」メーカー、6号機でも頂点に!? ノーマルタイプ壊滅危機も活路見出す「成功例」の画像1

 今年2月開始されたパチスロ「6号機」は一撃出玉に制限こそあるものの、これまでの自主規制「純増枚数」「ATスペック」などの出玉面に関わる規制は撤廃され、高純増AT機の開発が実現可能となった。

 だが、射幸性が低いスペック「ノーマル機」は依然として厳しい規制内容となっている。ボーナスでの獲得出玉は最大「465枚」から「285枚」へ下方修正され、現行ノーマル機のほとんどが6号機では導入が不可能だ。ボーナスタイプに及ぼす影響は大きい。

 特に、ノーマル機種で圧倒的なシェアを誇る『ジャグラー』シリーズの販売・開発を手掛ける北電子にとって致命的といえる。単純にボーナスで獲得できる枚数を引き下げれば導入は可能だが、それを敬遠するファンは少なからずいるはず。販売台数にも関わる問題である。

 このように危機的な状況が予想される北電子。『ジャグラー』シリーズで多大な実績を残してきただけに、同社への不安は高まっている状況だが......。

 多くのユーザーが抱いている「北電子」への印象は変わりつつあるようだ。

「確かに北電子といえば、『ジャグラー』『マハロ』といったノーマル機の印象が強いですね。販売台数のほとんどを占めているでしょう。

ただ、ここ近年の同社はノーマル機以外も好評のようです。人気アニメとのタイアップ機『パチスロ おとめ妖怪ざくろ』は、押し順当てに特化した"シンプル"なゲーム性で多くのファンを獲得しました。

パチスロ「ジャグラー」メーカー、6号機でも頂点に!? ノーマルタイプ"壊滅危機"も活路見出す「成功例」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機ジャグラー北電子の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!