NEW

JRAフェブラリーS(G1)武豊より藤田菜七子よりアイツ!? 競馬女王桃井はるこの「平成最後のダート王」見立て

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAフェブラリーS(G1)武豊より藤田菜七子よりアイツ!? 競馬女王桃井はるこの「平成最後のダート王」見立ての画像1

 2019年最初のG1競走であるフェブラリーSが、今週末に開催される。今年は藤田菜七子騎手がコパノキッキングで参戦予定、さらにダートの古豪・ゴールドドリーム、新世代の旗手オメガパフュームなど豪華メンバーが集結し、例年以上に注目を集めている。その大一番を前に、編集部はアイドル界イチの競馬クイーン桃井はるこさんをお招きし、見解をうかがってみた。モモーイのイチオシの馬は?

――今年のフェブラリーSは、空前の盛り上がりを見せていますね。

桃井はるこ:『netkeiba.com』の事前予想オッズでは、1番人気がインティで、2番人気がゴールドドリーム。でも、当日は菜七子騎手への応援の意味も込めて馬券を購入する人も多いはずなので、このオッズが大きく変わってもおかしくはないです。

 昨年のフェブラリーSは、『GJ』のインタビューで話した推し馬のインカンテーションが3着。レースもノンコノユメが勝利するなど、個人的にはダートが好きで見続けていた人が報われるような内容で終わった気がして、本当にうれしかったんです。しかし、今年のフェブラリーSは難解ですねえ。

――本当にそのとおりだと思います。では、その桃井さんが熟考の末に出したイチオシの馬は?

JRAフェブラリーS(G1)武豊より藤田菜七子よりアイツ!? 競馬女王桃井はるこの「平成最後のダート王」見立ての画像5

桃井はるこ:サンライズノヴァ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)です!!

前走の根岸S(G3)は1番人気で8着と惨敗。レース後、『直線でいつもの反応がありませんでした』と戸崎圭太騎手は話していました。雨がずっと降らずパサパサな馬場だったせいなのか、いつもの上がりが出ませんでしたね。

 あと、勝った武蔵野S(G3)やグリーンチャンネルCでは馬体重が530kg台前半だったのに、根岸Sは540kgと太め。一部のメディアでは調教が上手くいっていなかったとも書かれていました。鞍上の戸崎騎手も病み上がりで本調子ではなかった様子。賞金を持っていることもあり、本番を見据えて無理をさせなかったのかも?

――なるほど。前走の結果は重要視しない、と。

桃井はるこ:そうですね。そして私は応援する馬を決める前に、出走馬の前走や気になったレースを見返すことが多いんです。それでサンライズノヴァのこれまでの走りを見ていたら………、勝ってほしいって思いが強くなっちゃったんですよね(笑)。

 だってこのサンライズノヴァは見れば見るほど東京競馬場がベストなんです!! 芝スタートのカーブを一回だけ曲がり、直線が長い1600mのコース。ジャパンダートダービー(大井競馬場)での敗戦から交流重賞は一度も使っていない。彼が輝くのはこの舞台のはずなんですよ!! ここにすべてをかけるっきゃない!!

 サンライズノヴァは昨年の武蔵野Sのようにタイムの出る、砂の固まった馬場でのレースを得意としています。今週末は天気が崩れるとの予報もありますし、もしかしたら天が味方してくれるかも!?

――さすがの見立てですね。続いて2番手をお願いします。

桃井はるこ:インティ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)!!

 前走の東海S(G2)は逃げてステッキをほとんど入れず伸びて快勝、強い競馬でした。鞍上は武豊騎手。強い馬を勝たせることにかけて右に出る人はいません。冷静に競馬を進めて、馬券圏内に入ってくれるのではないかと考えています。

 インティはマイル、東京競馬場、ともに初めて。でも同馬の父はケイムホーム。この産駒には東京競馬場で活躍したタガノトネールなどもいるので、コース適性も問題はないと思います。でも、逃げるとなるとちょっとスピードが足りない気もするんですよねぇ。

JRAフェブラリーS(G1)武豊より藤田菜七子よりアイツ!? 競馬女王桃井はるこの「平成最後のダート王」見立てのページです。GJは、インタビュー、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!