NEW
豊田章男社長とは犬猿の仲で、内紛も勃発していた!

奥田・元経団連会長 トヨタ "決別宣言"と"舞台裏"

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_132.jpg
どことなくすっきりしたお顔の奥田総裁。(「JBIC」サイトより)

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」。かのダグラス・マッカーサー元帥の退任の弁である。わが国の経済界の元帥閣下は消え去るどころか、表舞台に戻ってきた。元経団連会長でトヨタ自動車の社長&会長を務めた奥田碩氏(79)である。4月に国際協力銀行(JBIC)総裁に就任した。

 JBICの総裁に就任したのと時を同じくして、トヨタ自動車は「奥田氏が相談役を退任し、トヨタの役職から完全に外れた」と発表した。トヨタは国際協力銀行法で同行役員が営利事業に携わることが原則禁止されているため、と退任の理由を説明したが、「渡りに船」といった印象が濃かった。

 奥田氏は95年にトヨタの社長に就任。99年から会長を務めた。取締役相談役を経て、09年6月から相談役、統合前の99~06年までは経団連会長も務めた。小泉純一郎内閣では経済財政諮問会議の民間議員として、小泉構造改革の推進役を担った。政治とは一線を画する方針のトヨタの中では異色の経営者といえた。

 豊田家の4代目の御曹司である豊田章男社長(55、トヨタ自動車11代目社長)と、奥田氏の不仲は有名である。4代目というのは、佐吉(豊田紡織創業者)、喜一郎(トヨタ自動車創業者)、章一郎(章男の父、トヨタ自動車6代目社長)、そして章男と続く創業一族の系譜だ。

 奥田氏は章男氏の経営力を買っていなかった。「章男級の人材はトヨタにはゴロゴロいる」と言ってはばからなかった。米国での大量のリコール(無料の回収・修理)問題の責任をめぐり、章男社長と奥田氏ら旧経営陣の内紛が噴出したこともあった。米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)日本版(2010年4月14日付)が報じて明らかになったが、トヨタからの広告が差し止めになることを怖れて、日本のメディアはどこもこの内紛を報じなかった。

 WSJは「豊田社長が仲介者を通じて渡辺捷昭(かつあき)副会長に、副会長を退任して関連会社の経営に当たるよう提案したが(※編集部注 豊田自動織機の会長ポストを提示したとされる)、渡辺氏がこれを拒否。元社長で創業家一族でない奥田碩相談役は、(このような無茶な提案をする)豊田社長の方こそ辞めるべきだと述べた」と書いている。

 トヨタを世界的な自動車メーカーにした旧経営陣と創業家がリコール問題の責任の所在をめぐり、真っ向から対立したのである。トヨタの現経営陣(というより章男社長)にとって、目の上のたんこぶだった奥田氏がトヨタから完全に離れたのは、誠に喜ばしいことなのである。

 奥田氏がJBICの総裁に就任した裏には経営者というか、男同士の激しい愛憎があったのだ。