NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(5月第3週)

なぜか「東洋経済」は好意的? 凋落著しいソニー特集を比べ読み!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_145.jpg
(左)「週刊東洋経済 5/19号」
(右)「週刊ダイヤモンド 5/19号」
毎日の仕事に忙殺されて雑誌を読む間もないビジネスマン必読! 2大週刊経済誌「週刊東洋経済」と「週刊ダイヤモンド」を比べ読み。小難しい特集を裏読みしつつツッコミを入れ、最新の経済動向をピックアップする!

<ソニー新CEOへの就任ご祝儀インタビューを掲載した「東洋経済」>

「週刊ダイヤモンド 5/19号」の大特集は『決定版 中高一貫校・高校ランキング』。この時期恒例の大特集だ。『「大学合格力」&「医学部合格力」全国高校ランキング・ベスト200校』『「医学部合格力」ベスト100校』『難関大学を狙える「お得な学校」』『早慶上智を狙える「お得な学校」』『都道府県別「大学合格力」全国高校ランキング ベスト1616校』と気合いの入ったランキングが続く。できるだけ高校名を掲載して、学校関係者に大量購入してほしい、といった思惑や、子育てに熱心な取材記者が公私混同的に熱心な取材をしている様子が見てとれるようだ。

 そういった思惑と関係のない一般読者が、知っておきたいポイントとしては、①公立高校の復権(2008年のリーマンショック以降は学費の安い公立高校に優秀な学生が進学、東大合格者数が回復している)、②医学部志望の急増(00年ごろから顕著になった医学部志望が相変わらず続いている。しかも医学部志望は、首都圏以外の大都市周辺や関西の高校に集中している)、③中高一貫校という選択肢(高い進学実績で私立並みの教育を受けることができながら、学費が安いために、競争率が10倍近くにもなる首都圏の公立中高一貫校が話題に)......といったところだ。

 いっぽう、「週刊東洋経済 5/19号」の第一特集は『ソニー シャープ パナソニック ザ・ラストチャンス』。ソニー、シャープ、パナソニックは、日本を代表する家電御三家。これまで日本経済をリードしてきたこの御三家が、ここにきてがけっぷちとなっている。11年度の決算が3社とも過去最悪の最終赤字に転落したためで、ともに新社長に交代したのだ。

 記事の中でもっとも押さえておきたいポイントは、3月27日に起きた"鴻海(ホンハイ)事件"だ。鴻海事件とは、売上高9.6兆円、年商の4割がアップル社だという台湾の世界最大のEMS(電子機器受託製造サービス)である鴻海グループが御三家のひとつ、シャープへ資本参加、筆頭株主になったという件のことだ。電機メーカーに与えたショックは大きいようで、今後ともさまざまな動きが出てきそうだ。

 たとえば、液晶より高精細で消費電力が少なく次世代テレビの本命とされている有機ELをめぐる業界再編の動きも加速している。記事の中で、ソニーは「異なる有機EL技術を持つパナソニックに対しても(台湾資本との合弁)新会社への参加を呼び掛けている」という消息筋のコメントを紹介しているが、15日付の日本経済新聞朝刊1面「ソニー、パナソニック提携交渉 有機ELテレビ 量産技術開発」によれば、ソニーとパナソニックは、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビ事業で提携交渉に入ったという。まさに、今回の特集はタイムリーな内容なのだ。