NEW
名前は聞くけど、意外と知らない「憧れの職業の真実」

「配属テストは麻雀だった !?」ファンドマネージャー座談会

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 一般的に給与も高く、仕事のできる人が就く仕事というイメージのあるファンドマネージャー。ファンドマネージャーとは、投資家から集めた資金を債券や株式に投資するファンドの運用や、投資家へのレポート作成などが主な仕事で、信託銀行や証券会社系の投資顧問会社、その他独立系の投資顧問会社などで働いている。銀行の窓口などで投資信託を勧められたことのある読者もいるだろうが、莫大なお金を日々扱うファンドマネージャーの世界とはどんなものなのか? 

 今回、30代の国内信託銀行系、国内証券系、国内独立系につとめる3人のファンドマネージャーに集まってもらい話を聞いた。

A……国内信託銀行系ファンドマネージャー
B……国内証券系ファンドマネージャー
C……国内独立系ファンドマネージャー

――いきなりですが、やっぱりファンドマネージャーって儲かりますか?

A 銀行系は基本的に年功序列だから、たいしたことないですよ。それより証券系のほうがもらっているんじゃない?

B 僕は、確定申告が必要な年収2000万円以上はもらっていない。もっと上の世代だと確定申告している人もいるみたいだけどね。

――35歳くらいで年収はどれくらい?

A 銀行系だと1000万円前後。でも、ファンドマネージャーとしての実質的な定年は50歳。ほかの会社と同じように定年は60歳だけど、50歳を過ぎると子会社へ転籍させられて、そこで再雇用の形態で定年を迎える仕組み。

B 外資でも、たいしてもらえないよね。

C というより、今の若い世代だと、国内採用で外資のファンドマネージャーになれないでしょ。

A そもそも外資は、日本にファンドマネージャーを置いてない。アジアだと、香港かシンガポールくらいにしかいない。日本にいるのは、ゴールドマン・サックス・アセット・マネージメントくらいじゃない? 外資のファンドマネージャーなら、年収で1億以上もらっている人も多いだろうね。

――すごい給与が良く、それこそ海外だと何十億も稼ぐというイメージがあったのですが。

A 俺らの世代でいうと、LTCM(ロングタームキャピタルマネージメント/ノーベル経済学賞受賞者も取締役に加わり、平均の年間利回りが40%を超えるほどの伝説的なヘッジファンドだったが、98年9月にロシアの通貨危機の影響などもあり、事実上の経営破綻に陥った)が98年くらいまで調子良くて、その影響もあってファンドがすごい儲かるっていうイメージがあったのかもしれない。

B 今の若い世代だと、そういうイメージはないよね。

『巨大投資銀行(上) 』


あまりに今回の対談内容と重なっていて恐ろしい…

amazon_associate_logo.jpg