NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(10月第2週)

『四季報』裁判を起こされた「ダイヤモンド」の企業特集が出色

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_822.jpg
(左)「東洋経済 10/13号」
(右)「週刊ダイヤモンド  10/13号」

「週刊東洋経済 10/13号」の大特集は『日本のいい街 2012』。東洋経済は全上場企業の膨大なデータを網羅した会社四季報を発行していることに表されるように、収集したデータを様々な切り口で紹介するのが得意だ。今回は全国810市区の社会・経済情報を網羅した「都市データパック 2012年版」のデータをもとに(今回は人口5万人以上の市区556の街を対象)今、注目したい6テーマ(『発展力のある街ランキング』『高齢者が住みよい街ランキング』『安心・安全な街ランキング』『裕福な街ランキング』『出産・子育てしやすい街ランキング』『財政力のある街ランキング』)について「いい街」ランキングを作成した。

お得意のデータにおぼれた東洋経済

 全国の街をたくさん紹介することで、全国の地方自治体の関係者に購入してもらおうという狙いかもしれないが、ランキングをみると、その内容に首を傾げたくなってくる。

 たとえば、今回の特集の巻頭でも紹介している「都市データパック 2012年版」の『住みよさランキング(2012年)』だ。1位・印西市(千葉県)、2位・野々市市(石川県)、3位・坂井市(福井県)、4位・本巣市(岐阜県)、5位・守谷市(茨城県)というランキングなのだが、東洋経済の多くの読者であるはずの東京、大阪、名古屋といった街が入ってこないのだ。これでは、その該当の地域の関係者、住民は購入しても、多くの読者にとっては触手がのびないのではないか。

 また、『発展力のある街ランキング』は、1位・印西市(千葉県)、2位・豊見城市(沖縄県)、3位・稲沢市(愛知県)……といったランキングだ。2位・豊見城市(沖縄県)は沖縄県の南部に位置するが、道路整備で人口が増えたことがランクインの理由だ。3位・稲沢市(愛知県)は名古屋市に隣接し、豊田合成、ソニーといった大企業の工場やユニー、サークルKサンクスなどの本社もあるなど、もともと地の利のある地域だ。稲沢市の商工会議所によれば「朝夕は渋滞も多い。トラックが生活道路を通らざるをえないこともある」とマイナス面もあるという。

 このようなランキングは都心に読者にとっては興味がわかない。では、全国の地方自治体の関係者に買ってもらえばよいだろうとも思えそうだが、そうもいかない。