NEW
松江哲明の経済ドキュメンタリー・サブカル・ウォッチ!【第8夜】

「これは懐石ではない」老舗料亭のイギリス進出に賛否両論!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_1051.jpg
職人、海を渡る。(「情熱大陸HP」より)

ーー『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』(共にテレビ東京)『情熱大陸』(TBS)などの経済ドキュメンタリー番組を日夜ウォッチし続けている映画監督・松江哲明氏が、ドキュメンタリー作家の視点で裏読みレビュー!

今回の番組:11月18日放送『情熱大陸』(テーマ:~秋の京都料理人スペシャル(1)菊乃井・村田吉弘~)

 名前が達筆過ぎて読めなかったので、巻き戻してもう一度確認。そこには「菊乃井 村田吉弘」と書かれていた。葉加瀬太郎のテーマ曲に腕を組んだ強面のおじさんがこちらをにらむ。口が歪んでいる。おっかない。

 だが、そんな予想は番組が始まってすぐに崩れる。

 料理人仲間たちと「とりあえずシューマイを14人前」頼み、「とりあえずあったらあっただけ食う」と笑う。着物美人と並び、還暦を祝われる彼こそ京料理界のドンなのだ。世界各国の天才料理人たちの絶賛コメントを紹介した後は、新聞の一面を飾る『老舗料亭のロンドン進出』の記事。今回の 『情熱大陸』は「菊乃井」のロンドンでの奮闘が描かれるのだった。

 村田氏は「ヨーロッパの経済の中心はロンドンやろ、やっぱり」と出店の理由を語る。和食を世界無形文化遺産にしたいとも考える彼にとって、今回のプロジェクトはその一歩なのだ。

「ロンドンの食はまずいから、何やってもうまい」と笑うが、僕も同感。以前、同国に行った時も豆とぱさぱさのパンにはうんざりだった。もちろんそれだけじゃないが、味の思い出が繰り返し通ったインド料理というのはいかがなものか。とはいえ京都の高級老舗料亭「菊乃井」の味を、僕がおいそれと食べられるはずがない。

 ロンドンの店舗には、美術館に飾られてもおかしくないような屏風が並び、思わずキャメラもレールを敷いて、高級感溢れる映像演出を心がけている。料理は京都の伝統をぶち壊す大胆なものらしいが、僕にはさっぱりわからない。和食に、フォアグラ、トリュフ、フカヒレを使うことが、いかに凄いのかは情報でしかない。「一度は食べてみたいな、でも絶対無理だな」と即、諦めた。ただ、透明ガラスで外から丸見えの厨房や、職人たちには日本での制服である高下駄を廃して普通の靴を使わせたり、またネクタイもやめてしまったといったエピソードをもって、村田氏が改革者であることが伝わる。それを長期取材を敢行する『情熱大陸』お得意のBeforeとAfterで並べる演出が、なんだかおかしくみえた。

『割合で覚える和の基本』


料亭の味を我が家で。

amazon_associate_logo.jpg