NEW
ビジネスマンを惑わす、自己啓発のウソ・ホント 第5回

変われない人の共通点とは?決断力より重要な「否定力」「根拠なき自信」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 出版不況の最中、堅調な売り上げを続けているのがビジネスマンなどに向けた「自己啓発本」というジャンル。「成功するための秘訣」が収められた本を繰り返し読んでは、いつまでたっても成功しない自分に不甲斐なさを感じている人は少なくないはずだ。変わらない自分のどこに問題があるのか?

 そこで、自己啓発理論を研究しつくしたビジネス・プロデューサーの鈴木領一氏が「自己啓発」「能力開発」の本質をレクチャー。話題の書『100の結果を引き寄せる1%アクション』のエッセンスを交えながら、「自分が求める成果を出すために、本当にやるべきこと」をお伝えする--。

 成功するには「決断力」が必要だ、と言われますが、そんな言葉を百万遍唱えても「決断力」が身につくはずがありません。

 決断のメカニズムを理解していないから、「決断力が大事」としか言えないのです。

 では、どうすればいいのか? 結論を先にいえば「否定力」が大事なのです。恋愛のケースから、そのメカニズムを解説します。

 私はビジネスマン向けのコーチングをすることが多いのですが、時に女性のコーチングをさせていただくと、高い頻度で恋愛相談となります。結婚したい、DVの彼と別れたい、不倫関係を解消したいなど、数多くの恋愛相談を受けてきました。アドバスをして変わらない人の特徴を観察していると、全てのケースに共通する“あること”を発見しました。

 それは、「現状を否定しない」という共通点です。結婚せずに独身でいる現状、彼からDVを受けている現状、不倫をしている現状……口では「早く結婚したい」「彼と別れたい」と言っていますが、実は現状を受け入れているのです。

 結婚したいと言っている人は「独身も気楽でいい」と思っており、彼と別れたいという人は「彼とは別れたくない」と心の奥で思っていました。そのように考える人は、口で何を言おうが、結局、何も行動せず、現状は何も変わりません。

 現状を否定する「否定力」がないと、現状を変えるための「決断力」を持てません。決断力の前に、否定力が必要なのです。

 これはビジネスでも同じです。

脳内で起こる脳細胞群同士の「否定合戦」

 独立して会社を起こしたい、と言いながら会社員を続けている人は、「会社員のほうが安定していい」と本心では思っています。私は起業塾などで講師を依頼されてお話することがあります。その際に必ず事務局に質問することがあります。それは、「塾生で実際に起業する人はどれくらいですか?」という質問です。すると判で押したように同じ答えが返ってきます。

「5%くらいですね」

 5%。これは一般的な数字と変わりません。起業塾に通っても起業する確率は高まらないのです。その理由が、「否定力」の欠如にあると、私は考えています。

 起業塾の塾生に「いつ独立する予定ですか?」という質問を投げかけても明確な答えを返す人は稀です。ほとんどの人が、「もっと起業の勉強したい」と答えます。つまり、「勉強のほうが楽しい」と本心では思っているわけです。起業塾のリピート率が高い理由はそこにあります。起業塾のリピート率が高いとは、冷静に考えると実に滑稽なことです。

 自己啓発セミナーなどでも、「成功したい」と口では言いながら何も行動せず、ずっとセミナーに参加するばかりの人がいます。リスクを負うより「自己啓発のノウハウを学ぶのが楽しい」と考えているからです。行動もせずに勉強ばかりしている現実を「おかしい」と否定できないのです。

「否定力」がなければ「決断力」が生まれないというメカニズムは科学でも解明されてきています。コーネル大学のトーマス・D・シーリー博士はミツバチのコロニー(集団)が一つの決断、例えば新しい巣への移住を決める際に、異なる意見を持つミツバチの動きを打ち消す刺激を出して一つの答えを導いていることを発見しました。それと同じメカニズムが脳内にもあることが分かったのです。脳内の脳細胞群同士でも意見の打ち消し合いが行い、結果、一つの脳細胞群の意見が残り、それが「決断した」という結果になるのです。

 分かりやすく説明しましょう。