NEW

不当な言い分を飲まされない~弁護士が教える、負けない交渉術とは?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見出し:交渉が不利になる「絶対やってはいけないこと」4つ

0629_sinkanjp.jpg
※画像:『絶対に負けない交渉術 やってはいけない35のルール』著:植田統/SBクリエイティブ

 自分の提案を受け入れてもらえなかったり、あるいは相手の不当な言い分を飲まなければいけなかったり、といった経験は誰もが持っているはず。「交渉」が下手なことによるデメリットは、自分で自覚している以上に大きいものです。

 反対に、「交渉」がうまいと、何かトラブルが起こった時に被害を最小限にとどめられたり、相手から有利な条件を引き出せたりと、メリットは計りしれません。「交渉」は人生を左右するといっても過言ではないのです。

 『絶対に負けない交渉術 やってはいけない35のルール』(植田統/著、SBクリエイティブ/刊)は、弁護士として多くの交渉をまとめてきた著者が、交渉事で「絶対にやってはいけないこと」を教えてくれる1冊。

 仕事で、プライベートで、こんなことをやってしまっていませんか?

自分だけ得をしようとする

 交渉とは、お互いにとって公正な妥協点を探るプロセスであって、勝ち負けを決めることではありません。これをわかっていないと、交渉の目的が「自分だけが得をすること」や「勝ち負けをつけること」になってしまい、あまりいい結果にはならないはずです。

 いい交渉とは、互いが納得した形でそれぞれの利益を得ること。“ここでは譲ったけど、その分ここでは得をした”という形で終わるように意識しましょう。

落とし所を考えない

 前述の通り、交渉が“妥協点”を探る作業である以上、その妥協点についてはあらかじめ想定しておく必要があります。その準備なしに漫然と交渉に臨んでも、やはりいい結果は得られにくくなります。自分の事情と、相手の事情をよく考えて、“だいたいこれぐらい”という落とし所を交渉の前にイメージしておきましょう。

●安易にうなずく

 相手の話をきちんと聞いていることを示すために、うなずきながら話を聞く人がいますが、これは交渉の時は避けたほうが無難です。うなずくという反応は、知らず知らずのうちに相手の期待値を上げてしまいます。そのため、あなたの“うなずき”を都合よく解釈して、より多くの利益を引き出せると思われてしまうことがあるのです。相手がその誤った期待を前提に落とし所を設定してしまうと、あなたとの間に齟齬が生まれて、交渉が複雑化しやすくなってしまいます。

●話の裏を取らない

 交渉相手が話したことが真実とは限りません。意図的にウソを言うこともありますし、相手が勘違いして間違ったことを話していることもあります。くれぐれも、相手の言うことを鵜呑みにしてはいけません。常に相手の言うことが本当なのか疑問を持ち、話の一貫性や論理的な符合をチェックする姿勢は、交渉には不可欠です。その上で、大事な点は、確かなデータや証人を探して、相手の言うことが事実かどうか確認するようにしましょう。

 いつも自分に不利な条件を飲まされてしまったり、自分の意見が通らないという人は、交渉事で「絶対にやってはいけないこと」をやってしまっている可能性があります。その中には、意識せずついやってしまうことも含まれていますので、気になった人は本書を読んで、自身の癖や言動をチェックしてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事
交渉が有利に進む? 心理テクニックあれこれ
仕事で説得力が増す「数字の使い方」
人を納得させる話し方 3つのポイント
生産性が高い人の共通点

『絶対に負けない交渉術 やってはいけない35のルール』


今日からもう交渉を恐れることはない。
あなたが頭を抱えてきた交渉の悩みはウソのようにすっきりと解決し、
交渉の場を自在に切り抜けられるようになるだろう。

amazon_associate_logo.jpg