NEW

過酷な状況下でも役立つ、陸上自衛隊初の心理幹部が明かすメンタルコントロール法

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0629_sinkanjp.jpg
※画像:『自分のこころのトリセツ』著:(下園壮太、柳本操/日経BP社

 日々、平穏に暮らしていても、怒りたくなることやつらいこと、不安になることは、誰にでもあるだろう。そして、そういった怒りや不安などの感情をコントロールすることは難しいものだ。

 『自分のこころのトリセツ』(下園壮太、柳本操/著、日経BP社/刊)では、陸上自衛隊の心理幹部としてメンタルヘルスに16年間かかわってきた下園壮太氏が、自衛隊で学び、隊員たちに伝えてきたストレスコントロール、つまり「生々しい感情との向き合い方」のノウハウを紹介する。

 物事がうまくいかなかったり、悩みを抱えていれば、弱音を吐きたくなることもあるはず。しかし、現実社会で弱音を吐くことは、なかなか難しい。実際、弱音ばかり吐く人は周囲の人からうとまれる傾向がある。

 だからこそ、大事なのはバランス。弱音は軽々しく吐くべきではないが、限界まで我慢したり、感情を抑えられない自分を責めたりするのは間違っているのだ。こんなときに有効なのは、仕事を休む、つらい人間環境から距離を置くなど、今ある環境から離れること。それができない場合は、親しい友人に話を聞いてもらう、人に言えないような感情を洗いざらい日記に書く、映画を観て感情に揺さぶりをかける。このようなことをすると、感情を抑えつけようとしていた圧力を緩めることができる。

 失敗は誰もがしてしまうものだ。さらに、終わったはずの出来事をくよくよと考えたり、プレッシャーで再び同じような失敗を繰り返してしまったりすることもある。人間がショックを受けると、本能は「命を守るために、次の対策を立てよ」というメッセージを送ってくる。このとき、その対処に集中できるなら問題はないが、次の失敗を恐れすぎると「また失敗したら、周囲から非難される」という不安が大きくなってしまう。すると本能は、これからやる作業についてではなく、「失敗した後の攻撃から自分の身を守る」ことを優先して考え始めてしまう。その結果、肝心の作業に集中できず、失敗を繰り返す悪循環にはまってしまうのだ。

 では、どのように気持ちを立て直していけばいいのだろうか。何かを行うときに、準備や努力でコントロールできることを「3」とすると、どうにもならないことが占める割合は「7」ぐらい。それほど現実社会は予測不能なことだらけということだ。このような「3対7のバランス」という考えを下園氏は持っている。努力は最善を尽くすが、結果は3対7のバランスで考える。つまり、30点取れれば自分の最低限の責任は果たしたと考えるのだ。このように、自分にバツをつける回数を減らすことが、自信を育てていくコツといえる。

 つらいとき、不安なとき、独りで、我慢してしまったり、無理してしまうこともあるかもしれない。しかし、自分の心を守るためにも、感情をコントロールする方法を知っておくべきでなはいだろうか。
(新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事
ビジネスに使える「自衛隊の掟」
自衛隊員の婚活に応募が殺到
人は自分を過小評価しすぎ?夢をかなえるメンタル
社員が「うつ病」でいなくなってしまう前に

『自分のこころのトリセツ』


腹が立ったとき、つらいとき、不安なとき―自分の心の扱い方を知っていますか?自衛隊でも使っている修羅場の切り抜け方。

amazon_associate_logo.jpg