NEW

「日本人はクリエイティブ」世界的デザイン会社IDEO創設者が語る、創造性が目覚める思考法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『クリエイティブ・マインドセット』(デイヴィッド・ケリー、トム・ケリー/著、千葉 敏生/翻訳、日経BP社/刊)

 「創造性」という言葉はよく耳にするが、あなたは自分が創造性のある人だと思っているだろうか。そして、そもそも「創造性」というものが一体どういうものか考えたことはあるだろうか。

 『クリエイティブ・マインドセット』(デイヴィッド・ケリー、トム・ケリー/著、千葉 敏生/翻訳、日経BP社/刊)という一冊の本には、個人や組織がどんな課題においても創造性を発揮できるようになるためのコツが書かれている。

 この本では、創造性は「想像力を使って、今までの世界にないモノを生み出すこと」と考えられており、長い間、ビジネスのフィールドにおいて創造的活動の軽視が続いてきたと指摘されている。

 しかし今や、グーグルフェイスブック、ツイッターなどの花形テクノロジー企業たちが、従業員の創造性を開花させることで人々の生活に変革を起こしている。創造性はイノベーションという形であらわれているのだ。

 さらに、多様化する問題に対して、解決策も創造的にならなければいけなくなった。つまり、創造性を身につけることが必須の時代となっているといえよう。

 では、それを身につけるにはどうすればいいのか? 答えは、創造性はもうすでに備わっているということである。

 思い出してほしい。子どもの頃は誰もがクリエイティブな発想をしていたはずだ。恐怖や恥ずかしさを感じず、おかしなことを試しながら遊んでいた。しかし、それは年齢を重ねるにつれて、「何かをやらかせば社会的に拒絶される」という恐怖が大きくなる。

 かつて自分に備わっていた創造力を取り戻すにはどうすればいいのだろうか。

 それは、自分の創造力に対する自信をつくること。もっと言えば、新しいアプローチや解決策を生みだす世界を体験するのだ。

 本書には創造性によって解決された問題の事例がいくつも紹介されている。これを読むだけでも大いに刺激になるはずだ。

 例えば病院で使われるトンネル型のMRI(核磁気共鳴画像法)。中央に丸い穴が空いているあの装置だ。大人でも苦手だという人も少なからずいるが、特に子どもは恐怖を抱くかもしれない。

 ゼネラル・エレクトリックでハイテク医療用画像診断システムの設計・開発部隊を率いているダグ・ティーツは、数年前のこと、2年半がかりで取り組んできたMRI装置の開発プロジェクトを終え、スキャンの操作を見学することになる。

 しかし、そこで見たのは子どもがMRIに怯える顔だった。ダグは、その時に初めて子どもの8割がスキャンの際に麻酔で鎮静されていることを知りショックを受ける。

 そこでダグは、幼い子どもでも怯えないMRIの開発に挑むことにした。