NEW

クラシックカー、世界で人気急騰 相場高騰で金融商品化、クルマとファンにとって幸せか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年夏の世界的に有名なオークション「Bonhams」で、約40億円で競り落とされた62年式フェラーリ「250GTO」。

 やれ電気自動車(EV)だ、いや燃料電池車(FCV)だ、ネットワーク化だ、自動運転だと、実用車の世界は次世代モビリティ技術の話題で持ちきり。一方で、趣味のクルマの世界はというと、そんな新テクノロジーをあざ笑うかのように、時代に逆行し始めている。クラシックカーの人気が近年、世界的に急激な高まりをみせ、巨大ビジネスシーンを形成しつつあるのだ。

 8月半ば、世界のクラシックカーシーンに衝撃が走った。1962年式のフェラーリが、オークション史上最高額となる3800万ドル(約40億円)で落札されたからだ。このフェラーリは「250GTO」と呼ばれ、全世界のフェラリスタ(フェラーリ好き)が最も憧れるモデルのひとつ。

 いわば、フェラーリのなかのフェラーリ。高価なクルマの代名詞であるフェラーリの、そのまた頂点に立つモデル、というわけだが、それにしてもクルマ1台に40億円を出すという話は、一般的に考えて狂気の沙汰だろう。地価上昇の激しい東京都心であっても、立派なオフィスビルが買えるほどの値段なのだ。

 昨今の有名な海外クラシックカーオークションにおいて、ヴィンテージフェラーリが10億円以上で落札されることは、決して珍しいことではない。もちろん、そのほかにも「ブガッティ」や「ベントレー」「アストンマーティン」といったブランドのクラシックモデルが数億円以上で取引されている。

 高級ブランドだけじゃない。クラシックカー相場高騰の波は、お馴染みの日本車にも確実に及んでいる。この夏、米国のモンテレー半島で開催されたいくつかのカーオークションでは、トヨタ自動車「2000GT」が1億円以上、マツダ「コスモスポーツ」や日産自動車「スカイラインGT-R(ハコスカ)」が2500万円以上、トヨタの旧式「ランドクルーザー」が1000万円以上と、いずれもこれまでにないプレミア相場で落札された。

高騰するクラシックカー相場。日本車の評価も高まってきている。その代表格がトヨタ「2000GT」だ。現在、5000万円〜1億円。

 そう、クラシックカーブームは今、非常に広い範囲で盛り上がりをみせており、以前なら200~300万円くらいで買えたモデルでも、軒並み2~3倍の高値で取引される事態に至っているのだ。つまり、今やクラシックカーは非常に利回りのいい金融商品と化しつつある。