NEW

シャープ「お茶プレッソ」、なぜヒット?本当に健康?緑茶飲用への「障害」解消し広い層に訴求

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お茶プレッソ本体。右側円筒状の部分が電動臼

 今年4月に発売されたシャープの緑茶メーカー「ヘルシオ お茶プレッソ」が、同社の予想販売数を数倍上回るヒットになっているという。お茶プレッソは、茶葉を電動の臼で挽いて粉末化して、緑茶を淹れることができる家電製品だ。緑茶を本格的に淹れようとすれば時間と手間がかかるが、それを手軽に淹れることができるとして同製品は人気を呼んでいる。

 さらに手軽さだけではなく、高級な茶葉を使わなくても本格的なお茶の風味を楽しめるところも魅力だろう。筆者も実際に試してみたが、お茶プレッソで淹れたお茶はコクがありつつも、まろやかですっきりしている。

お茶プレッソで入れたお茶

 ところで、このお茶プレッソは確かに本格的なお茶を手軽に飲める製品だが、なぜ、それが大ヒットに結びついたのだろうか?