NEW

トヨタ生産方式への誤解「かんばん方式は在庫なし」の嘘 サラダ理論で需要予測不要

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『トヨタ生産方式の逆襲』(鈴村 尚久/文春新書)
 「かんばん方式は在庫を持たないという固定概念は間違っている」。こう訴えるのは、コンサルティング会社エフ・ピー・エム研究所の鈴村尚久所長だ。鈴村氏は1976年にトヨタ自動車に入社、系列企業などにトヨタ生産方式(TPS)を指導する生産調査部など同社のもの造りの中枢を歩み、1997年に退職、コンサルタントに転じた。実父、喜久男氏も元トヨタマンでTPSの確立に尽力した大野耐一元同社副社長の側近だった関係で、尚久氏は実父から受け継いだTPSの原点を大事にしながら、時代に合わせて改良もしている。

 今般、鈴村氏が『トヨタ生産方式の逆襲』(文春新書)を出版、トヨタ生産方式の強みはどこにあるのかを解説している。豊富な事例を挙げながら、単なるハウツーではなく、ビジネスに真摯に向かい合うに当たっての心構えのようなものまで明示している。これまでメディアにほとんど登場することのなかった鈴村氏があえて筆を執った理由について、「TPSの本質を理解せずに、間違ったパラダイムや前提の下でTPSを導入して失敗している会社があまりにも多いから」と説明している。

 トヨタの社員だったというだけで、あるいは少しTPSをかじったというだけでTPS関係の本を書いている人をよく見かける。筆者の独断ではあるが、こうした「偽物コンサル」の指導が間違った理解を生むのではないか。

●「最大のCS」とは


 間違った理解の象徴として、TPSの代名詞である「かんばん方式」を、「在庫を持たないこと」と盲信していることを挙げ、警鐘を鳴らしている。同時に顧客満足度(CS)向上という視点からTPSを捉え、それをベースに会社を構造改革していけば組織にTPSの考え方が根付くことについても触れている。

 鈴村氏は、顧客を待たせないもの造りを行うことが「最大のCS」だと考えている。たとえば、立ち食い蕎麦や寿司店で、お客が注文すればすぐに料理が出てくるようなもの造りが理想なのだそうだ。

 消費者がモノを買う3要素について、鈴村氏は(1)機能やブランドを評価し、気に入って買う(2)価格が安いので買う(3)欲しい時にぴったりのタイミングなので買う――を挙げ、特に大切なのが(3)の「タイミング力」だと指摘する。

 最近よく「商品がコモディティー化したので、価格競争に巻き込まれ、収益性が落ちた」などの解説が聞かれるが、コモディティー化とは端的にいえば、どのメーカーの製品でも性能に大して差異がなくなることだ。テレビなど一部の家電製品やパソコンなどがその類に入るだろう。その結果、価格の叩き合いとなるため、コモディティー化した商品ほど、タイミング力が備わって顧客が欲しい時に即座に対応できれば、価格競争に巻き込まれずに収益性を高めることができるケースもあると、鈴村氏は説いている。