NEW
清水和夫「21世紀の自動車大航海」(8月19日)

トヨタの環境車技術、世界中のメーカー間で争奪戦か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタのMIRAI「トヨタ自動車 公式サイト」より
 5月13日、トヨタ自動車マツダの包括的な技術提携が発表された。具体的な内容はこれからということで、メディアの扱いは軽かったが、両社による技術の相互補完は、実はかなり前から進められている。

 その証拠に、すでにマツダのアクセラハイブリッドには、トヨタのハイブリッドシステムが搭載されている。トヨタは同システムを提供する代わりに、マツダのディーゼルエンジンを採用するという話が水面下で進んでいたが、結局実現には至らなかった。その理由は公表されていないが、筆者の推測ではふたつの要因があると思う。

 ひとつは、開発の視点だ。つまり、他社製のエンジンを積むことに、トヨタの開発システムが馴染まないということである。もし、トヨタがディーゼルエンジンの技術を持っていなかったら、マツダからの提供を受けて技術補完を行う可能性もあったかもしれない。

 しかし、トヨタは商用車やヨーロッパ向け自動車に自前のディーゼルエンジンを搭載しているほか、大型車両でも多くのディーゼル車を生産している。その上でマツダの技術を受け入れるとなると、技術者のプライドの問題もあるだろう。また、ディーゼルエンジンを開発するグループ会社の豊田自動織機にも配慮しなければならない。

 それらを勘案した結果、トヨタはマツダのディーゼル技術の提供を受けないことを選択したのではないだろうか。

 もうひとつは、マーケティングの視点だ。トヨタの判断は、結果的に正しかったと思う。というのは、マツダのアクセラハイブリッドは、価格を安く設定したにもかかわらず、アクセラの販売台数の約17%しか売れていないからだ。

 これには、ハイブリッド技術を欲しがっていたマツダの営業担当者も驚いているが、ユーザーはマツダに燃費の良いエコカーを期待していなかったようだ。同様に、ハイブリッドカーを推し進めてきたトヨタが、今さらディーゼル車をショールームに並べても、ユーザーを魅了するのは難しいだろう。

 しかしながら、マツダは今後の市場環境を見据えて、トヨタとの関係を維持したいと考えているのではないだろうか。アメリカのカリフォルニア州では、トヨタや米ゼネラルモーターズ(GM)などの大手メーカーに対して、一定の比率でZEV(ゼロエミッション車:電気自動車や燃料電池車など、走行中に二酸化炭素を排出しない自動車)の販売が義務づけられている。

 このZEV規制は2018年頃から強化され、マツダも対象となる見込みだ。つまり、マツダがカリフォルニアでビジネスを成長させるにはゼロエミッション車が必要であり、トヨタと組めば話が早いということだ。