NEW
「ココロに効く(かもしれない)本読みガイド」山本一郎・中川淳一郎・漆原直行

巷に無数にあふれる自己啓発本のポイントは、せいぜい10~20に集約されることが判明

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方』(サンクチュアリ出版/高田晋一著)
【今回取り上げる書籍】
自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方』(サンクチュアリ出版/高田晋一著)

 う~ん、タイトルがちょっとなぁ……。

 いきなりですが、本書を手に取り、ザッと一読した際、率直にそう思いました。いかにも自己啓発系ビジネス書にありがちな、あざとくて、大言壮語で、短絡的なタイトル。「世界一カンタン」って、そんなバカな、と。

 つぶさに見ていくと、なかなか気が効いている本なのです。読んでみれば、おそらく人生は変わらなくても、昨今のビジネス書界隈で頻繁に用いられている自己啓発の文脈を、シンプルに理解することができるのは間違いありません。中身がちゃんとしているだけに、タイトルで損をしているような気がして、もったいないように感じた次第。

 本書の特徴は、版元の紹介ページで次のようにまとめられています。

<世界中の名著のエッセンスがこの1冊でわかる! 成功法則の分析家が厳選した「誰にでもできる50の習慣」で、人生がみるみるうまくいく。今度こそ挫折しない、いちばんカンタンな、自己啓発「超」入門書!>

 要するに『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)、『思考は現実化する』(ナポレオン・ヒル)、『人を動かす』(デール・カーネギー)、『道をひらく』(松下幸之助)、『ユダヤ人大富豪の教え』(本田健)、『ザ・シークレット』(ロンダ・バーン)などなど、主に成功法則、人生哲学について語っている自己啓発書50冊を厳選し、それぞれから「成功するためのポイント」をひとつ抽出して、極めて平易に解説していく……という本なわけですね。

 一例として、第3章「夢や願望を叶える6つの習慣」に登場する「HABIT 16」を引いてみましょう。

<『思考は現実化する』のナポレオン・ヒル先生に学ぶ、願いを叶える習慣

 ここ1か月でかなえたいことを紙に書き出そう。

(中略)

 かなえたい願望を紙に書いたり声に出して読んだりすることで、それらが深層心理の中に刻まれ、願望がかなうように自然と体が動いていくというわけです。

 ただ、中には、そもそも自分の願望が何なのかわからない、かなえたい夢なんて思いつかない、という人も多いのではないでしょうか。

 そこで、そのような場合にはまず、ここ1カ月くらいでかなえたい、ちょっとした願望をノートなどの紙に書き出すことから始めてみましょう。

 「気になっていたラーメン屋に入ってみる」でも、「学生時代の旧友と久しぶりに会う」でもいいと思います。小さな願望でもいいので、紙に書き出していくうちにコツがつかめていき、自分が望んでいる最終的な夢や願望が少しずつ見えてくるはずです>