NEW

戸田奈津子は誤訳の女王&20点レベル?最高の職人芸?ありえない誤訳も…

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 2015年は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(ウォルト・ディズニー・ジャパン)や、『ジュラシック・ワールド』(東宝東和)など、人気作続編の公開が目白押しだった洋画業界。

 国内での映画興行収入は、14年は洋画も邦画も含めると2070億円に上ったが、洋画のみでは863億円(一般社団法人日本映画製作者連盟調べ)と、邦画に押され気味だった。しかし、16年も『バットマンvsスーパーマン - ジャスティスの誕生 -』(ワーナー・ブラザース)や、あのハリー・ポッターの正式スピンオフである『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(同)など、話題作が銀幕に登場予定となっている。

 そんな洋画の永遠の議論ともいえるのが、「字幕で観るか、吹き替えで観るか」ということ。吹き替えのほうが字幕よりも「情報量が多いのでストレスなく観られる」という意見もあるが、「洋画の雰囲気をそのまま味わうならば字幕」という意見も根強い。

 そんな洋画字幕翻訳の第一人者といえば、やはり戸田奈津子氏だろう。

 1970年に字幕翻訳のキャリアをスタートさせ、フランシス・コッポラ監督の『地獄の黙示録』(日本ヘラルド映画)で地位を確立。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ<UIP>)や『E.T.』(UIP)、『レイダース/失われたアーク(聖櫃)』(パラマウント映画/UIP)と、80年代の洋画黄金期に生まれた作品の字幕を担当し、90年代以降も『ターミネーター2』(東宝東和)や『ジュラシック・パーク』(ユニバーサル/UIP)といった超ヒット作を手がけている。また字幕翻訳に限らず、トム・クルーズなどのハリウッドスターが来日した際には同時通訳も担当しており、その姿を見たことのある人も多いはずだ。

 名実共に映画に関する翻訳の大御所といっても差し支えなく、「字幕の女王」という二つ名を欲しいままにしている。

 しかし、2000年代以降、そんな彼女にもうひとつの呼び名がついた。それこそが「誤訳の女王」である。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(20世紀フォックス)では、「A Volunteer」をそのまま「ボランティア軍」と訳したが、観客から「義勇軍でいいだろ」と指摘を受け、最近では昨年公開された『ジュラシック・ワールド』でも誤訳騒ぎを起こしている。

 だが一方で、戸田氏の字幕翻訳は「高レベルな意訳」だと評するファンも多い。

 そこで、辛口な批評で人気のウェブサイト『超映画批評』主催の前田有一氏に、戸田氏の字幕翻訳に関する評価を伺った。