NEW

社内会議で意見を通したいとき、男性は黒の服、女性は何色? 仕事に使える「色」のセオリー

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『「結果を出す男」の服、「認められる女」の服、「その他大勢」の服』(西村有紀子/著、サンマーク出版/刊)

 ビジネスシーンにおいて、服装や持ち物が印象を大きく左右すると頭では分かっていても、いざ服や持ち物を選ぶとなると、何を選べばいいか分からず困ってしまう人も少なくないはず。

 ただ、こういうことは「ファッションセンス」の問題ではなく、いくつかのポイントを押さえているかどうかが重要になります。『「結果を出す男」の服、「認められる女」の服、「その他大勢」の服』(西村有紀子/著、サンマーク出版/刊)では、「結果を出すための服選びにはセオリーがある」として、

・「結果を出す男」の服
・「認められる女」の服
・「その他大勢」の服

 という三つの観点から、ビジネスシーンにおける服選びについて、成功例と失敗例を紹介・解説しています。ここでは、人の印象を左右する要素のひとつである「色」に関するセオリーを三つご紹介しましょう。

■「金属の統一感」を意識する

 男性であればスーツとシャツ、女性であれば靴や鞄の色といったように、身につけるアイテムの色の組み合わせはどんな人でも気にするはずです。

 その一方で多くの人が見落としてしまいがちなのが「金属の色の組み合わせ」です。たとえば男性であれば、ベルトのバックルがシルバーであるにもかかわらず、腕時計はゴールドというような組み合わせをしてしまいがちです。これでは相手にちぐはぐな印象を与えてしまいます。

 本書によれば、金属類の色味が合っていると、相手に安心感を与えることができるそう。欲をいえば、「ベルト」と「腕時計」だけでなく、「指輪」や「鞄の金具」などの色も合わせると、さらにいいようです。

■勝負服の色の選び方

 あなたには、お客さんとの商談や交渉の場に必ず着ていく「勝負服」はありますか? もしあるとしたら、その服は何色でしょうか?

 西村さんによれば、こうした場こそ、色がもつイメージを積極的に利用すべき。逆にいえば、ここぞという時の色選びを間違えるのは致命的なミスといえます。

 このようなシーンに着ていく服としては

男性…紺か黒のはっきりした色
女性…白やグレー、パステル系などのやさしい色

 などがおすすめ。