NEW

異常な高クオリティ&奇抜すぎる薬局のフリーペーパーが話題…秘められた崇高な野望

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイセイ薬局の「ヘルス・グラフィックマガジン」
 病院に行った後、処方された薬を受け取りに足を運ぶ場所といえば、調剤薬局だ。厚生労働省の調査によると、この調剤薬局は全国に5万7784店あるという。


 そんな薬局業界の中で異彩を放っているのが、株式会社アイセイ薬局である。同社が発行している季刊フリーペーパーの「ヘルス・グラフィックマガジン」(以下、「HGM」)は、同業界で初めて日本デザイン振興会主催によるグッドデザイン賞の「グッドデザイン・ベスト100」を受賞した。

「HGM」は毎号15万部発行、年間読者数60万人を誇り、一企業が発行するフリーペーパーとしては、かなり規模の大きなものとなっている。その特徴は、思わず手に取りたくなる強烈なビジュアルデザインだ。

 例えば、2015年春号の「頭痛」という特集では、オフィスらしき場所で働いている女性に筋骨隆々の覆面レスラーがヘッドロックをかけている姿が表紙を飾っている。また、13年夏号の「夏バテ」特集の表紙では、白熊がだらしない姿でプールに頭を突っ込んでいる。インパクトのあるデザインで、毎回読者を楽しませているのだ。

「HGM」は毎号、「頭痛」「夏バテ」「胃腸不良」などのワンテーマに絞り、“ヘルス・グラフィック”の名に恥じないデザイン、イラスト、画像でわかりやすく紹介している。「グッドデザイン・ベスト100」受賞も納得のクオリティであり、企業PRの成功例のひとつといえる。

 なぜ、一薬局がここまでつくり込んだフリーペーパーを発行しているのだろうか。10年の発行当初から5年間、「HGM」の編集長を務めている同社コーポレート・コミュニケーション部の岩崎朋幸氏に、「HGM」がたどってきた道のりと今後の展望などについて、話を聞いた。

薬局は社会貢献をしているのか?


 調剤薬局というと「病院の近くにあり、処方箋を出して薬をもらうだけの場所」という地味な印象を持っている人も少なくないだろう。だからこそ、「HGM」およびアイセイ薬局が異彩を放っているわけだが、そもそも、なぜ同社は「HGM」を発行しようと考えたのだろうか。