NEW
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

アサヒ、今考え得る最高のビール発売…コク・キレ炸裂でも糖質半分、ドライ依存と決別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「アサヒ ザ・ドリーム」(「アサヒビール HP」より)

 アサヒビールは1月6日、新しいビールを3月23日に発売すると発表しました。「アサヒ ザ・ドリーム」(以下、ドリーム)と名付けられた新商品では、麦芽使用比率を通常の1.2倍に高め、しっかりとしたコクのある味わいを具現化させています。また高度な酵母管理技術を採用し、発酵度を極限まで高めることにより爽快なキレ味を実現したと強く謳われています。

 さらに、健康志向の高まりに対応して糖質を50%オフとするなど、ビールに対する近年の主たる消費者ニーズのすべてをてんこ盛りしたような製品になっています。

 ビールづくりに関してまったくの素人である筆者には、技術面の問題は皆目見当がつきませんが、たとえばコクと糖質オフなどはトレードオフの関係にあり両立させることは容易ではないように思われますが、実際はどうなのでしょうか。発売される3月を楽しみに待ちたいと思います。

7年ぶりの新ブランド・ビール

『すごい差別化戦略』(大崎孝徳/日本実業出版社)
 アサヒビールからビールにおける新ブランドが発売されるのは、2009年の「アサヒ ザ・マスター」(以下、マスター)以来、7年ぶりです。マスターは名古屋工場のみで生産され、当初の年間販売目標は210万箱でしたが、ドリームは福島工場をはじめ全国4工場で生産され、年間販売目標も400万箱としていますので本気度の違いを感じます。ちなみに、広告のキャラクターにはラグビー日本代表の五郎丸歩選手を起用するという力の入れようです。

 みなさんご存じの通り、アサヒビールには国民的ヒット商品「アサヒスーパードライ」(以下、ドライ)があり、近年の新製品では「ドライプレミアム」「ドライブラック」など、ドライに大きく依存した、いわゆる“一本足打法”的な商品展開が目立っていました。

 もちろん、ドライという強力な商品ブランドを活用し、商品のラインアップを充実させることは正しい戦略といえるでしょう。しかし、たとえば麒麟麦酒(キリンビール)の「キリンラガービール」や三菱自動車工業の「パジェロ」など、圧倒的な人気を得ながらも、時代の変化や競合他社商品の台頭により低迷するというパターンは数多く見受けられます(2015年8月27日付本連載記事『絶好調アサヒビール、最大の脅威は自社のスーパードライ?業界トップ保守化のジレンマ』参照)。よって、敢えてドライのブランドに依存しないという今回の商品展開は、挑戦的な取り組みで大変好感が持てます。