NEW

「焼酎濃いめ」頼んだら料金5倍請求で批判殺到のあの店…客は絶対払ってはいけない?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 居酒屋でウーロンハイの「焼酎濃いめ」を頼んだら、1杯につき5杯分の料金を請求された――。


 こんなトラブルが、インターネット上で「ボッタクリだ!」「あり得ない」と話題になっている。何気なく頼んでしまうチューハイなどの「焼酎濃いめ」だが、これはサービスの範疇なのか、それとも料金割り増しが妥当なのか。実際の事例を踏まえて、弁護士に見解を聞いた。

居酒屋によって異なる「焼酎濃いめ」の対応


 1月、東京都内の飲食店で客がウーロンハイを「焼酎濃いめ」で注文したところ、その料金が常軌を逸しているとして話題になった。

 客側の言い分では、2人で2時間程度の飲食をして会計後にレシートを確認すると、「ウーロンハイ30杯」「レモンサワー28杯」と記載されていた。店側は「ジョッキの9割くらいを焼酎にした」と反論して、料金は正当だと主張する。現在、弁護士を間に入れての話し合いが持たれているという。

 居酒屋で、客がチューハイなどを「焼酎濃いめ」で頼むことはよくある話だ。客側としては、酒を少し多めにしてもらう程度は「サービス」の範囲内だという感覚があるため、料金が加算されると「おかしいな」となる。

 そこで、大手居酒屋チェーン数社に「ウーロンハイを『焼酎濃いめ』で頼むと、料金が割り増しになるかどうか」を聞いた。

 全品280円の均一料金が売りの「鳥貴族」(運営:鳥貴族)に聞くと、「濃いめ」の対応はしておらず、「和民」(同ワタミ)は「対応可能」とのこと。その場合のレシピは「焼酎を45cc追加、料金はプラス120円」と明確に定められているという。

 一方、「白木屋」(同モンテローザ)は料金は加算されるが、「対応できるかどうかは、店舗によって異なる」というあいまいな回答だった。「日本海庄や」(同大庄)の場合、基本的に無料だが100~200円ほど加算されることもあり、やはり店舗によって対応が異なるという。

店側が勝手に料金加算すると、錯誤・詐欺になることも


 有名チェーンでもこれだけ対応が違うのだから、なんの気なしに「焼酎濃いめ」を頼んで会計時にトラブルになる、というケースは現実的に起こり得る話といえる。では、実際に「焼酎濃いめ」で店側とトラブルになった場合は、どうしたらいいのだろうか。