NEW

成功者ほどボーッとしている!? 「ガムシャラにがんばる人を組織は評価しない」という現実

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『がんばらない成長論』著:心屋仁之助/学研プラス

 会社では右肩上がりの成果ばかりを要求され、家庭ではいつも「ちゃんとやって」「ここを直して」と不満を言われ……。日常生活すべてに、「がんばり」や「成長」を求められてはいませんか?

 そんな生活を続けていると、ついつい「もっとがんばらなきゃ」「努力しなきゃ」などと思い込んでしまうものです。それで、さらにがんばってみても、周りの評価はなんだかイマイチ……。ストレスだけが溜まる一方です。

 こんな生き方、もうやめにしませんか? もともと、いくらがんばっても「人の評価」とは思惑通りにならないものなのです。

■成功者ほど、ボーッとしている

 『がんばらない成長論』(学研プラス刊)の著者で、心理カウンセラーの心屋仁之助氏によると、「ストイックにがんばってきたタイプの人よりも、どこかボーッとしている人のほうが、安定した地位を保っているもの」とのことです。

 「ボーッとしている人」の方が評価されている。この事実は、がんばり屋さんには認めがたいものかもしれません。しかし、仕事で成功をおさめている人ほど、肩の力が抜けていて、結果としてボーッとしているように周囲は感じるものだそう。少なくとも「いかにも仕事ができる人」というオーラは発していないのです。

 逆に、ストイックにがんばっている人や切れ者と言われる人は、一度は上り詰めても、それが続かずに急降下してしまうことがよくあります。こうした人は周囲に与えるプレッシャーが半端ではないうえに、「がんばって得た地位や名誉、それらあっての自分」と思うためか、地位や名誉へのこだわりが強く、疑心暗鬼で味方を失ってしまうのです。

■100点よりも15点のほうが評価される

 そもそも、人はどんな人を高く評価するのでしょうか?

 残念ながらそれは「がんばっている人」ではありません。

 人として好きかどうか、感じがいいかどうか――。これが世間の本音です。

 本書のなかで心屋氏は「15点でも出世する人、100点でも出世しない人」という表現を使って、組織の中で評価される人の性質について解説しています。

 「業績は100点満点だけど感じが悪い人」と「業績は15点だけど感じのいい人」であれば、後者を持ち上げたくなるのが人情。どちらを昇進させるかという観点でいえば、個人としての業績は低くても、卑屈にならず、楽しく、周囲ともいい感じで仕事をしていける人のほうが、人の上に立つにふさわしいともいえます。

 会社から「もっとがんばれ」と尻を叩かれたとき、ピリピリしながらがんばってしまう人よりも、「俺は15点でも大丈夫」とひょうひょうとしている人の方が、長期的に見ると出世していく。これは、少なくとも日本の組織において、当てはまるところが多いのではないでしょうか。

 本書は、このように私たちが無意識のうちに囚われ、自らを不自由にしてしまっている「常識」や「思い込み」に風穴をあけてくれます。