NEW

トヨタ創業家系御曹司、入社希望の女子大生に肉体関係強要で提訴!豊田家内の醜い抗争

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
豊田佐吉翁も眠る名古屋市内の墓地に立つ豊田稔氏の墓は理彰氏による建立。理彰氏は墓前で父に詫びたのだろうか。
 トヨタ自動車の創業家に連なる豊田家の御曹司が破廉恥なことで元女子大生に訴えられるという、とんでもない醜態をさらしている。


 3月25日付で訴えられたのは、トヨタグループのアイシン・エィ・ダブリュ(以下、アイシンAW)」で昨年11月まで製造本部副本部長を務めていた豊田理彰氏(43)。昨年11月27日付当サイト記事『トヨタ系幹部の豊田家御曹司、女子大生に内定と引き換えに肉体関係を強要…卑劣な手口』でも既報のとおり、豊田氏は昨年夏、飲食店でアルバイトしていた女子大生(当時)に対し、アイシンAWへの入社と引き換えに肉体関係を迫った。

 元女子大生は不適切な関係を迫られ精神的な苦痛を受けたとして550万円の損害賠償をするように名古屋地裁に提訴した。

 アイシンAWの社内調査の結果、豊田氏は「あなたの能力ではうちの会社には受からないから、私と特別な関係を持てば、親戚扱いにして入社させてやる」といった趣旨の発言をし、嫌がる女子大生に迫ったとされる。豊田氏と元女子大生のやり取りがLINE上に証拠として残っていたうえ、行為が悪質と判断してアイシンAWは昨年11月、豊田氏を懲戒解雇処分にしている。

 関係者によると、この女子大生はアイシンAWの入社試験の一次試験(筆記テスト)を受けて自分の実力で合格したが、豊田氏が「本当は合格ラインの点数ではなかったが、私の力で合格させた」などと言って女子大生に迫り、最終面接の直前に肉体関係を強要してきたという。女子大生は豊田氏の要求を撥ねつけた。結局、最終面接では不合格になった。

「女子大生が最終面接で不合格になった後、親宛に女子大生を誹謗中傷し、脅迫と見られても仕方ない文面の匿名の手紙が届いたが、豊田氏が送ったことは明白」(関係筋)との指摘もあり、豊田氏が取った行為の悪質さを象徴している。

 元女子大生と親は豊田氏の行為に激怒しており、個人の責任だけではなく、会社の管理責任も問う方針だという。

分家・本家の対立


 豊田氏は、豊田自動織機を創立したトヨタグループの始祖、豊田佐吉翁の弟・佐助氏の孫。佐助氏の長男でアイシンAWの親会社であるアイシン精機の社長、会長を務めた稔氏が、本妻ではなく、高級クラブのホステスに産ませた子どもだ。稔氏も理彰氏を認知している。豊田家の分家筋だが、血縁上は豊田家本家の豊田章一郎トヨタ名誉会長とはまた従兄弟の関係に当たる。