NEW

夏のアイス・ココア、健康に驚きの効能があった!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
森永製菓「純ココア」(「Amazon HP」より)
 季節の飲料やその飲み方に最近、さまざまな変化が出ている。その代表がココアだ。ココアは寒い時期に温かくして飲んで暖をとるイメージが強いが、メーカーは夏にも消費を伸ばそうと知恵を絞っている。


 総務省のデータによると、一世帯当たりの年間のココアならびにココア飲料に対する支出の平均価格は、2人以上の月次推移で6月、7月、8月の各月がそれぞれ15円、13円、16円となっているのに対し、冬場の12月、1月、2月では50円、50円、56円と跳ね上がる。まさに寒い時期に温かいココアを飲もうという消費者の好みの現れだが、最盛期とそうでない時期では実に4倍以上の開きがあるのは驚きだ。

 夏でもココアを飲んでもらいたいというのが業界の希望だが、消費者の好みはなかなか変えにくかった。

 そんななか、夏に新たなニーズを生み出そうと、ココアがお腹の不調を改善するというこれまでにない研究結果を発表したのが森永製菓だ。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり下痢になったりという症状(乳糖不耐性症)は日本人に多い症状だが、研究によると、牛乳と一緒に純ココアをとると、この症状が緩和されるのだという。

 牛乳に含まれる乳糖に耐性がない人は、大腸にたくさんの乳糖が届いて不調の原因となる水素が多く発生してしまうが、ココアが加わると乳糖ではなくココアのほうを大腸で分解し、水素の量が少なくなるという。

 カルシウムをとりたくてもお腹の調子を気にする人や、夏に冷たい牛乳を飲みたくても避けている人にはうれしい研究結果であり、また健康志向の現代では、おいしさにとどまらない価値の研究が追い風になってシーズン外の消費増につながる可能性もある。

 今回のような研究結果の発表を夏に行った意図について、森永製菓のマーケティング担当者は次のように話す。

「ココアについてこれまでは、冷え性やインフルエンザによいなど冬向けの機能を打ちだすことが多かったが、夏の販売につながる機能性は十分に打ち出せていなかった。夏にも冷え性によるお腹の不調を訴える人が増えるなど、現代のニーズが変わってきている。今回の研究結果でココアが夏にもうれしい飲みものだと広く知ってもらい、販売増につなげたい」

 森永製菓に限らず、アイス専用ペットボトルを出すココアメーカーや、大手コーヒーチェーンなどでは夏でも温かいココアを提供するなど、夏にココアを売るニーズを練ってきている。