NEW
椎名民生「不動産ビジネス最前線」

旅行で1泊5千円で住居貸切のエアビー、驚愕のトラブル続出で危険事態!前日ドタキャンも

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 一般住宅に旅行客を有料で泊める「民泊」仲介の世界最大手、米エアビーアンドビー(以下、エアビー)は6月15日、2015年の日本での事業の経済効果が5207億円になったとする推計を発表した。

 日本政府も20年に開催される東京オリンピックを控えて、民泊の全面解禁に向け旅館業法上の許可なしで誰でも部屋を貸し出せるようにする制度案をまとめた。また、仲介ビジネスについて、提供者と利用者の間のトラブル防止に向け、業界団体などによる自主的なルールづくりを促すため、証明書などによる身元の確認や補償制度などを盛り込んだ指針を秋までにまとめる方針だという。

 筆者は、日本の国内出張でもエアビーを使っているが、今回、1カ月のアメリカでの研修の予定が入った。そこで、エアビー利用に挑戦してみたので、そこから得られる教訓をご紹介したい。これから夏休み、海外でエアビーを利用しようと考えている人も多いだろう、参考にしていただければ幸いだ。

 世界有数の大学での研修だった。現地の大学は夏休み中であることから、又貸し(サブリース)のアパートメントも豊富だ。ホテル滞在だと1泊2万円はかかるが、エアビーを利用すれば7000円から1万円で宿泊できる。アパートの1部屋を貸し切りにできる「まるまる貸切」でこの値段だ。

柔らかすぎるベッドで腰痛に……

 1カ月のうち最初の1週間は約9000円のアパートを予約した。研修先の大学の校舎から徒歩数分。聞けば、居住者のほとんどは、その大学の近くの校舎の利用者だという。夏休みということもあって、ほとんど居住者はおらず静かだった。

 エアビー前であれば、こうした物件の居住者とはこまかい条件面を詰めるサブリース契約のやりとりをする必要があったが、エアビーでは条件面の確認から、お金の受け渡し(クレジットカード決済)もワンクリックで済んでしまうのだ。

 まず注意したいのは、カギの受け渡しの確認だ。いつ、どのような手順で受け渡しをするのかを早めに確認しておきたい。前日にホスト(貸主)との連絡がとれず、カギのやりとりに手間取ることが多い。カギは郵便受けに入っているパターンがほとんどで、これはアメリカも日本もあまり変わらないが、確認はしておきたい。また、ホストからメールではなく、メッセンジャーアプリの「WhatsApp」でのやりとりを求められることもある。

 利用したアパートは2LDKで、一人では部屋が余ってしまう広さだった。台所設備も使え、冷蔵庫も大きかった。早速、大型スーパーやファーマーズマーケットで新鮮な食材を買いこみ、冷蔵庫に詰め込む。コストが高く栄養が偏りがちな食材に気を使えるのはうれしい。大型冷蔵庫を使えるというのは、ホテルとの大きな違いだ。