NEW

『おそ松さん』はなぜ熱狂を生んだのか? 制作会社が語る、ヒットのヒントになった『しろくまカフェ』

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『「おそ松さん」の企画術』(集英社刊)

 来年で創業40周年を迎える老舗アニメ制作会社・スタジオぴえろ

 「うる星やつら」「幽☆遊☆白書」「BLEACH」「NARUTO-ナルト-疾風伝」など、ぴえろが手掛けて大ヒットしたアニメ作品は数多いが、それでも2015年10月から2016年3月にかけて放送された「おそ松さん」はぴえろにとっても“異例なことづくし”だったという。

■「おそ松さん」のヒットには制作側も驚いた

 何が「異例」だったのか?

 スタジオぴえろの創業者であり、アニメーション演出家の布川郁司氏は、『「おそ松さん」の企画術』(集英社刊)の中で次のように語る。

<作品の特徴を挙げていけばいくほど、私たち自身も、「さすがに外れるとは思わなかったけど、なんでこんなにヒットしたんだろう?」と疑問が湧いてきます。もし「アニメがヒットする法則」なるものがあるとしたら、そこに当てはまらないう要素ばかりでしょう。>
(『「おそ松さん」の企画術』8ページより引用)

 作品の特徴とは「50年前の原作」「アニメ化は27年ぶり」「ギャグもの」「ラブストーリーなし」「アクションもなし」「萌えもなし」「ニート」「童貞」などといったキーワードのことだ。

 つまり、制作側にいる人ですら、なぜここまで広がったのか明確な答えが出ていないのだ。もう一つ、『おそ松さん』現象が「異例」であったことを示す数字がある。

<例えば、『おそ松さん』は昔のビジネスの基準で言えば、はっきりと「負け組」です。
 昔のアニメは、視聴率しか人気を測るものがありませんでした。視聴率が高ければ成功、低ければ失敗。制作費をCMのスポンサー収入に頼っていた以上、それは仕方のないことでした。(中略) その基準で測れば、『おそ松さん』は失敗作です。深夜1時台の放送で、しかも全国ネットじゃない。視聴率は最高でも最終話の3.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。>
(同書38ページより引用)

■視聴率だけでは計れないテレビ番組のコンテンツ力

 『おそ松さん』の原作である『おそ松くん』は1966年と1988年にそれぞれアニメ化されている。特に、スタジオぴえろがアニメーション制作を担当していた2作目は、フジテレビ午後6時30分からの放送で、平均視聴率は20%超えという人気ぶりだった。

 アニメとしても、テレビ番組としても、ぐうの音を言わさぬ「勝ち組」である。

 一方で『おそ松さん』は視聴率3.0%。この数字だけ見れば、2作目の平成版『おそ松くん』には到底太刀打ちできないだろう。

 しかし、ビジネス的には『おそ松さん』のほうが圧倒的に成功している。

 『おそ松さん』は「大衆に観られるテレビ番組」ではなく、「熱狂を生むコンテンツ」である。テレビならば「大衆に観られる」ことを意識するだろうし、そのノウハウは少なからず持っているはずだ。しかし、「熱狂を生む」ノウハウなんて存在はしない。だから、「なぜここまで人気が出たのか」が理解しがたいのだ。

■『おそ松さん』ヒットのヒントとなった一作のアニメ

 布川氏は、『おそ松さん』は市場調査をしっかりしていれば、出てこない企画だと言う。しかし、ノーヒントでこの怪物級のアニメが作られたかというと、そういうわけでもなかったようだ。