NEW
高橋篤史「経済禁忌録」

9年間タイ潜伏…あの黒幕・弁護士が突然に日本送還!自殺者や逮捕者続出の一大金融事件

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
六本木ヒルズ(「Wikipedia」より/A16504601)

 相場操縦事件の発覚直前に行方をくらました元弁護士の椿康雄容疑者(62歳)が、9年ぶりにタイで身柄を拘束された。失踪当時、椿容疑者はある仕手グループに連なるキーマンと目されていた。平成バブル紳士の筆頭格ともいえる故高橋治則・EIE元代表が率いていた「草月グループ」がそれだ。その後、月日は流れグループは解体、主要関係者は逮捕や自殺などで株式市場から姿を消した。突然亡霊のように甦った椿容疑者は日本送還後、何を語るのか。

 椿容疑者がかかわっていたのは、オー・エイチ・ティー(OHT)株をめぐる相場操縦事件だ。2007年5月中旬、それまで100万円前後で推移していたOHT株は突如として値を下げ、ほぼ1週間で3分の1に急落した。

 実はそれまでの高株価は関係者による頻繁なクロス取引で維持されていたもので、その資金が続かなくなったため暴落したのだ。翌月上旬、金融ブローカーと投資会社社員の2人がさいたま地検によって逮捕される。容疑はその4年前に行っていた川上塗料株の相場操縦をめぐるものだったが、OHT株の高値維持工作を行っていたのも彼らだった(のちにOHT株の相場操縦事件でも起訴)。

 この背後で糸を引いていたのが、当時は現役の弁護士だった椿容疑者だ。2005年6月、OHTはシンガポール籍の正体不明の法人を引受先に21億円の第三者割当増資を行っていた。その法人の日本における常任代理人になっていたのが椿容疑者で、相場操縦まがいのクロス取引はその時から始まっていた。OHT株の株価維持工作には7億円ほどが投じられていたが、そのうち9割は椿容疑者が用立てたものだった。ところが黒幕ともいえる椿容疑者は株価暴落の前後に関係者の前から忽然と姿を消してしまっていたのである。

 椿容疑者の下で売買を担当していた前述の投資会社社員は、暴落の数日後にやっとのことで電話が通じた際のやりとりを公判でこう語っている。

「開き直っちゃったんだよね」と話す椿容疑者に対し、投資会社社員は「逃げちゃうんですか?」と問い詰めた。すると、椿容疑者からは「ひどいよね」とまるで他人事のような返事があったという。

 当時、椿容疑者はシンガポールに逃げていたようだが、その後、タイに入国し、ほぼ9年間の潜伏生活を続けていたことになる。この間、椿容疑者に対しては07年12月に逮捕状が発付され、14年11月には外務省から旅券返納命令が出された。また弁護士資格も失った。11年1月に第一東京弁護士会から退会命令が下され、同年3月には登録取り消し処分となっている。