NEW

バニラやフルーティー、肉…美味しそうな匂い=超危険な合成香料が蔓延!実験で死亡例も多数

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 加工食品メーカーで新製品の開発にあたっている知人が、こんなことを言っていました。

「新製品がヒットするかどうかは、どんな匂いを出すか次第だよ。原材料はどこも似たり寄ったりで、うまみ調味料やエキスで味付けする。差別化するには、匂いしかない。だから、どこのメーカーもどんな香料を使っているかはマル秘中のマル秘だよ」

 食品に使われる香料は、化学合成品が約150品目、天然香料が約600品目あります。それらをいくつも調合し、食品の匂いや香りをつくっています。

 日本の食品メーカーの合成香料製造技術は世界一といわれ、どんな匂い、香りもつくり出すことができます。フルーティー、だし風味、とり風味、ミルク風味、松茸スープ、カカオ、ウナギ、アユ……挙げればきりがありません。

 合成香料の製造技術が世界一になったのには理由があります。日本の大手食品メーカーは、とても食材とは呼べないような大豆かす(脱脂大豆)や端肉(くず肉)など、安価で粗悪な原料を使い、工業製品のように大量に加工食品を製造・販売し、大きな利潤を上げてきました。しかし、粗悪な原料を使えば、必ずクサい匂いが発生します。それを消して、おいしそうな匂い・香りを付けなければ売り物になりません。合成香料製造技術に長けてきたのは、そうした背景があります。もちろんそれがすべてではないでしょうが、“インチキ食品”をつくるには高度な香料製造技術が不可欠なのです。

 そうしたインチキ食品が、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの棚には所狭しと陳列されています。どの商品も袋を開封すると、おいしそうな匂い・香りがします。でもそんな匂い・香りに騙されてはいけません。香料には結構、危ないものがあるのです。

 食品に添加される香料は、100%近く安価な合成香料です。主原料は石油です。添加物である合成香料自体の毒性のほか、原料、中間物から発生する不純物が混入している危険性もあります。

有害な合成香料

 なかには、極めて有害な合成香料がありますが、原材料表示名には「香料」としか記載されていません。どこのメーカーも香料は企業秘密ですから、「どんな香料を使っているのか」と問い合わせても明らかにはしません。安全な食生活のためには、香料無添加の食品を選ぶことが基本ですが、どうしても添加されているものを買わざるを得ないこともあります。香料が添加されている食品を購入する際には、どんな匂い・香りがするかに気をつけることです。もし、袋を開けて次のような匂い・香りがする食品であれば、食べるのは控えたほうが無難です。