NEW

ヤフー、怒涛の楽天「包囲網」構築…「楽天抜き」のIT企業5千社連合設立で対立先鋭化

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤフー本社が入るミッドタウン・タワー(「Wikipedia」より)

 日本最大級のIT(情報技術)団体の連合体、一般社団法人日本IT団体連盟(以下、IT連盟)が7月22日に発足した。ネットサービスやソフトウェア、情報端末などの企業が組織する53の団体が参加し、加盟企業数は5000社、従業員の総数は400万人になる。

 IT連盟の代表理事・会長にはヤフーの宮坂学社長が就き、事務局は赤坂ミッドタウンタワーのヤフー本社内に置く。全国ソフトウェア協同組合連合会やコンピュータソフトウェア協会、モバイルコンピューティング推進コンソーシアムが参加した。グーグル、マイクロソフト、インテルなど、世界的に知られる外資系のIT企業の日本法人も名を連ねた。

 宮坂氏は連盟設立の理由として、近年の日本企業の国際競争力の低下を挙げる。

「26年前、日本は世界最強の競争力を持っていた。これからはITが経済成長、社会の変化において非常に重要であると確信している。まずは民が一枚岩となってITをこの国のど真ん中に掲げていく」(宮坂氏)

 現在、IT関連の国内の団体は100もあるが、バラバラの活動では政府に対する発言力を持ち得ない。業界がひとつにまとまり、IT業界として政府や産業界への発言力を上げたいとしている。

 IT連盟の主な活動としては、53団体を代表して政策提言、IT人材の育成、学校教育課程でのIT教育の推進、海外市場への働きかけと海外動向の情報の共有の4点を挙げる。

【日本IT団体連盟の指導部】
・代表理事・会長 宮坂学 Yahoo!基金理事長(ヤフー社長)
・代表理事・筆頭副会長 長谷川亘 全国地域情報産業団体連合会会長(京都情報大学院大学統括理事長)
・理事・副会長 酒井雅美 特定非営利活動法人日本情報技術取引所理事長(バリューソフトウェア社長)
・理事・副会長 斎藤光仁 全国ソフトウェア協同組合連合会副会長(MCEAホールディングス代表取締役)
・理事・幹事長 荻原紀男 コンピュータソフトウェア協会会長(豆蔵ホールディングス社長)
・専務理事 別所直哉 セーファーインターネット協会会長(ヤフー執行役員)
 

IT連盟の要は、幹事長と専務理事

 IT連盟で注目される人物は2人いる。

 ひとりめは、幹事長でIT連盟の呼びかけ役だった荻原紀男氏。1980年、中央大学商学部会計学科を卒業。アーサーヤング公認会計士共同事務所、朝日監査法人(現・有限責任あずさ監査法人)を経て、96年荻原公認会計士税理士事務所を開業。