NEW

「間脳」が大事!? ほめるのが苦手な人もできる、相手に良い印象を残すほめ方

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『人をうごかすふしぎな力』(こばりひさ著、サンクチュアリ出版刊)

 「ある動作をすること」「ある言葉をつかうこと」によって、人間は「ふしぎな力」を引き出すことができる。

 このふしぎな力を使えば、良い人間関係も築けるという。

 では、ふしぎな力とは一体なんなのか?


■「ふしぎな力の正体」とは?

 『人をうごかすふしぎな力』(こばりひさ著、サンクチュアリ出版刊)では、対人科学コンサルタントのこばりひさ氏が、人を動かす不思議な「おじぎの仕方」「握手の仕方」「ゴール設定の仕方」「書類の渡し方」「謝り方・叱り方」など、潜在意識の力を応用し、あらゆるビジネスシーンで使えるコミュニケーション術を紹介した一冊だ。

 「間脳」という言葉を知っているだろうか。間脳とは、大脳と中脳の間に位置する自律神経の中枢のことで、心臓を動かしたり、汗を出してくれたり、直感や感性などを生み出している脳のこと。

 こばり氏によれば、この脳はなにか考えごとをしたり、思い出したり、判断したりしている脳とは違い、意識できない「潜在意識」として働いているという。

 また、細胞の働きをコントロールしているのも間脳。細胞が活性化すると、リラックスした状態になり、ちからが出たり、からだがやわらかくなったりする。反対に細胞の働きが鈍くなると、緊張状態になり、ちからが出なくなり、からだはかたくなる。

 つまりは、間脳にある特定のアクションを起こしたり、言葉をかけることによって指示を与えると、間脳は細胞を活性化させてくれるということだ。

 間脳が活性化すると、自分も相手も周囲の人たちも「なんとなく」その気になってしまう。これが「人をうごかすふしぎな力」のメカニズムなのである。

■緊張したときはサムズアップ+言葉を発することで和らぐ!?

 では、どういった動作や言葉をつかうと、ふしぎな力を引き出せるのか。

 たとえば、親指だ。緊張したとき、両手(両足)の親指をちょっと意識しただけで、間脳が活性化されて力の効果が得られるという。

 親指を立てる「いいね!」のジェスチャーであるサムズアップの状態で、「親指」と言葉を発すると、緊張がやわらぐのだ。

 大事な商談のときなど、テーブルの下で「足の親指に体重をかける」ようにすれば、緊張感がやわらぎ、集中して相手との商談にのぞむことができる。

■相手の習慣を拾って褒めることが印象を良くする

 誰もが自分のことを認めてほしいと思っているもの。だから、人をうごかす一番簡単な方法は、その人の良いところをどんどんほめることだ。

 このとき、簡単に相手に印象を残すほめ方がある。それは相手にとって、当たり前の習慣になっている行動を丁寧に拾ってあげること。「当人ですら気づいていない行為を拾って、その価値を高めてあげること」だ。

 「本当に?」と疑われるようなことに意識を向けることで、長くその人の心に刻まれ、その人の活力として残り続けると著者。