NEW

1日1分でできる話題の“腎マッサージ”で弱った体を修復しよう!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』(寺林陽介著、アスコム刊)

「最近寝起きが悪くて…」「血糖値が気になるんだよね」

 体に不調を感じていても、お疲れな日々を過ごしていると、体調を整えるために行動を起こすのが億劫になってしまいますよね。

 そんな人は1日1分でできると話題の「腎マッサージ」を試してみてはどうでしょうか。

■「疲れやすくなった」のは腎臓からのSOSかも!?

 『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』(寺林陽介著、アスコム刊)は、「腎マッサージ」の効果や方法を教えてくれる一冊。

 この「腎マッサージ」のポイントは「腎臓」という臓器にあります。

 腎臓は体の老廃物を排出する、とても重要な場所。腎臓が疲れていると血液がドロドロになり、体は疲れやすくなってしまいます。

 「最近、疲れやすくなった」「なかなか疲れがとれない」と感じている人は、もしかしたら腎臓が疲れていて、体の老廃物がうまく排出されていないのかもしれません。

■だるさや寝付きを解消! 「腎マッサージ」の方法

 本書『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』で紹介されている“腎マッサージ”は、1日1分、お腹から腰をグリグリするだけ。これで、だるさや寝付きの悪さ解消につながるとか。

 また、腎臓の働きは血液をろ過し、老廃物や塩分を尿として体外に排出すること。つまり、血液をきれいにしてくれる臓器です。

 この腎機能が高まることによって、血流がアップし、冷えやむくみ、高血圧、さらには不眠といった悩ましい症状が改善されるといいます。

 その他にも腎マッサージを4日間続けてウエストが2センチ細くなった女性の事例も。詳しいマッサージの方法は、本書を参考にしてみてください。また、マッサージ方法を知ることができる動画への案内や「腎臓にやさしいレシピ集」も収録されています。

 「最近疲れが取れなくて…」という人は、ぜひ1日1分でできるカンタンな「腎マッサージ」を試してみてはいかがでしょう。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。