NEW

ポケモンGO、即ブーム消失…パズドラもモンストも白テニも同時的失速

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ポケモンGO」プレイ画面

 スマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」の国内配信が始まってから1カ月が経過した。先行した米国同様、日本でもダウンロード数が推定1000万件を超える大ヒットとなった。

 新たなゲームが配信されて、1カ月後に継続して遊ぶ人は当初の4分の1いれば良いといわれる。飽きられるのは宿命なのだ。

 米アップルの日本向けアプリストアの無料アプリランキングで、ポケモンGOを配信して10日後の8月1日、コロプラの「白猫テニス(白テニ)」に抜かれ2位に陥落した。ポケモンGOは当初の熱狂が消え、定番ゲームのひとつになった。

スマホゲームが不振で減益決算

 スマホゲーム各社は、ゲームの不振が業績を直撃し、株価が急落した。

「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」を運営するガンホー・オンライン・エンターテイメントの株価は7月29日、年初来安値の226円をつけた。パズドラが爆発的にヒットし、2013年5月14日には1633円の上場来の最高値をつけたから、ピークから86%も下げたことになる。

 16年4~6月期連結決算の売上高は、前年同期比25%減の614億円、営業利益は36%減の266億円、純利益は36%減の168億円。主力のパズドラ人気が一巡し、課金収入が減少した。

 ソフトバンクグループが筆頭株主だったが、保有株をガンホーに売却。ガンホーは2度の自社株取得に1500億円を投じ、ソフトバンクグループから離れた。

「モンスターストライク(モンスト)」を運営するミクシィも同様だ。16年4~6月期決算の売上高は、前年同期比5%減の473億円、営業利益は17%減の201億円、純利益は15%減の135億円。モンストの課金収入が減る一方、広告費が膨らんだ。

 減収減益決算を受け、ミクシィの株価は大幅に反落した。8月8日に一時、前週末比520円(14%)安の3300円に沈んだ。

 コロプラも業績は不振。16年9月期第3四半期(15年10月~16年6月)連結決算の売上高は647億円、営業利益は256億円、純利益は147億円。第3四半期より単独決算から連結決算に移行しているため、前年同期比の増減は開示していない。

 16年9月期(通期)の連結純利益は180億円の見込み。従来予想は単独決算ベースだが210億円だった。連結決算に移行したにもかかわらず、単独純利益の見込みより30億円下回る。白猫プロジェクトの課金収入が大きく落ち込んだほか、連結化に伴うのれん代の償却が響いた。