NEW
「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

微妙な本数、2袋セットでテープぐるぐる巻き…スーパーで売られるソーセージへの疑問と意外な理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
香薫あらびきポーク(「プリマハム HP」より)

 この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は林賢一氏が、ソーセージに関するさまざまな謎に迫ります。

【ご回答いただいた企業】
プリマハムお客様相談室

 いきなりだが、スーパーマーケットで売られている“ソーセージあるある”から始めたい。

「なぜか包装ビニールが空気でパンパン」

 こんな経験は誰にでもあるはずだ。次に、こちらはどうだろうか。

「なぜか2袋セットで売られている」

 これもある。間違いなくある。あの剥がしにくいテープでクルクル巻かれているのも不思議だ。

 だが、今回さらに気になるのは、上記のようなソーセージ王道あるあるではない。ソーセージの本数が気になるのだ。なぜ、あの量なのか。

 たとえば、筆者が好きなソーセージに「香薫あらびきポーク」(プリマハム)がある。これも2袋セットで売られていることが多いが、1袋に入っているのが5本という微妙な数なのだ。

 1人で食べるには、ちょっと多い。2人で食べるには、奇数本だから綺麗に割れない。3人で食べても、同じようにきっちり割れない。4人で食べたら、1本余る。5人で食べたらぴったりだが、5人で「香薫あらびきポーク」を食べる機会は、BBQ以外にあまりイメージできない。

 つまりは、1袋5本というのは、なんとなく中途半端なのだ。偶数本であればきっちり割れるのに……などと悔しい思いをしているのは、筆者だけだろうか。たとえそうでも、こういう気になるギモンを直接聞いてみるのが本連載だ。

なぜソーセージは5本入りなのか


 そこで、プリマハムお客様相談室に直接聞いてみた。

「ソーセージが1袋5本入りなのは、なぜですか?」

担当者 重量設定をしておりまして、「香薫あらびきポーク」ですと、すべての商品が90グラム以上になるように設定されております。そのため、5本入りや6本入りのものがあったりする場合がございます。